よくよく考えれば、こんな不自然なカツラはない!

カツラじゃなかった! ドナルド・トランプが記者会見で女性に頭を触らせ、疑惑払拭

DonaldTrump02.jpg
分け目や毛の流れといった常識に逆らうドナルドのヘアスタイル!

 次期アメリカ大統領選の共和党候補者指名争いに名乗りを上げ、過激な発言で連日メディアを騒がせている大富豪のドナルド・トランプ。9月に訪米する中国の習近平・国家主席についても「公式晩餐会なんて開いてる場合か」「私だったら、マクドナルドのハンバーガーを食べさせて、すぐに話し合いに入るね。これ以上、中国通貨を切り下げられたらたまんないからね」と言い放った。「中国は我々の国民が飢え死にすることを望んでいる。我々のビジネスを奪っていく。我々から仕事を奪っていく奴らなんだ」と声を荒らげ、国力・経済力のダウンに不安を抱いている米国民の熱い支持を得ている。

 しかしながら、中南米からの不法移民問題に関する暴言があまりにも多いため、ラテン系アメリカ人からは敵視されっぱなし。8月25日に米ニュース局「CNN」で放送された記者会見では、米スペイン語専門局「ユニビジョン」の記者にまくし立てられ、「私はあなたを質問者に指名していない。黙っていてくれないか」「とっとと、ユニビジョンに帰れ」としかめっ面で一喝し、警備員が記者を会場から引きずり出すというハプニングが発生した。ドナルドは、「指名された記者が質問をし、それに答えるのが記者会見だ。あの男は指名されてないのにわめき立てて、迷惑この上なかった」と嫌悪感をあらわにしていた。

 この件に関する記事を、大手紙「ニューヨーク・タイムズ」が1面に掲載。記事の冒頭にはドナルドのカツラ疑惑について触れる言葉があり、これにドナルドは敏感に反応。記者会見で「疑惑について検証しよう」「すぐさま解決してやろう」と堂々勝負を挑んだ。

 ドナルドは27日、遊説先のサウスカロライナ州で開いた記者会見において、ニューヨークタイムズ紙を手に持ち、「あのね、これ、1面に掲載された記事なんですよ。ニューヨーカーにとって、自分の記事が『ニューヨーク・タイムズ』の1面に掲載されるということは、ものすごいことなんですよ」「記事の内容は、例の私とスペイン人ジャーナリストとの一件に関することなんですけど」「これはヤツとは違う人です。1面記事ですよ!」と長々と前置きした後、「ロサンゼルスの通勤時間帯にスペイン語で放送されるラジオ番組の『エル・マンドリル』で知られるリカルド・サンチェスは、ドナルド・J・トランプのことを、“El hombre del peluquín”と呼んだ。“カツラ男”という意味だ」と記事を読み上げた。

 「カツラ男」という言葉に記者の間から笑い声が上がり、ドナルドは手を大きく広げて「『ニューヨーク・タイムズ』の1面ですよ!」と呆れたように言い、「私はカツラなんてつけてません」と断言。左手で、不自然にフサッとした前髪を持ち上げて「これは私自身の髪の毛です。誓ってね」と言い、会場にいる1人を指さし「あなた、ちょっとこちらに来て」と強く手招きをした。そして、「ここで解決しよう。バーバラ・ウォルターズともやったしね」「検証すべき事案だからね」「ヘアスプレーはかけているから、あまりグジャグジャにはしてもらいたくないけど」と言い、会場は騒然となった。

カツラが悪いんじゃない、不自然な髪型が問題なんだ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク