もう2017年の話をしてるの?

「またマイナーな人物」柴咲コウ主演のNHK大河『おんな城主 直虎』に早くも疑問の声

sibasakikouchan.jpg
女将軍の実績を買われた?

 2017年から放送されるNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の主演を女優の柴咲コウが務めることが発表された。脚本は、『ごちそうさん』(NHK)や『世界の中心で、愛をさけぶ』『JIN‐仁‐』『天皇の料理番』(いずれもTBS系)といった大ヒット作品を手がける森下佳子氏が担当することから前評判も上々のようだが、一部ネットユーザーからは、近年「歴史上マイナーな人物」が主人公の大河ドラマは、視聴率が伸び悩む傾向にある、と同ドラマを不安視する声が出ている。

 柴咲が演じるのは、戦国時代の遠江(現静岡県)で、後に彦根藩初代藩主となる井伊直政の養母として、「おんな城主」を務めた井伊直虎。岡本幸江チーフ・プロデューサーは、柴咲を起用した理由について、「虎の強さと美しさ、しなやかさを併せ持つ女優さん」と語り、柴咲が持つ“力強さ”が際立つ作品になりそうだ。

 しかし、ネットでは「最近のNHK大河ドラマは、歴史上のマイナー人物をよく取り上げるけど、知らない人も多いと思う」「どんな人か知らないから、テンションが上がらない」といった声が上がっている。

「また近年、NHK大河ドラマは、女性主人公作品を積極的に世に送り出していますが、視聴率・評判ともにパッとしない傾向があります。08年の宮崎あおい主演『篤姫』は、全話平均視聴率24.5%と大ヒットしましたが、11年に上野樹里主演で放送された『江~姫たちの戦国~』は全話平均視聴率17.7%(関東地区、ビデオリサーチ社調べ/以下同)で20%割れ。13年の綾瀬はるか主演『八重の桜』は、初回が21.4%と好発進するも、10.0%まで数字を落とし、全話平均視聴率は14.6%。そして現在放送中の井上真央主演の『花燃ゆ』は、2ケタ割れをする事態となっています。『おんな城主 直虎』もそういった流れに乗ってしまうのではないかと、ネットユーザーが不安に感じているようです」(芸能ライター)

 一方で、男女問わず人気がある柴咲をキャスティングしたことについては、ネット上で高評価されている。

「岡本チーフ・プロデューサーも言っていたように、柴咲の凛としたイメージが、おんな城主に合うという声が相次いでいます。柴咲自身も『正直驚きましたが、すぐにやりたいと思いました』と語っているだけに、やる気は十分のよう。柴咲自身のやる気と視聴者からの期待が、視聴率に反映されればよいのですが」(同)

 視聴率低迷中の『花燃ゆ』は、どぶろっくや乃木坂46など、若者に人気のタレントを出演させて視聴率上昇をもくろんでいるが、その成果はいまだ見られていない。視聴者からは「打ち切りにした方がいい」という意見も飛び交い窮地に追い込まれているが、果たして『おんな城主 直虎』は人気を獲得できるのだろうか?

NHKはいまだ『篤姫』の奇跡を追いかけてるの

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー