コートニーによる他殺説を信じるファンが暴走

コートニー・ラブ、自殺した夫カート・コバーンの写真に「なに考えてたのよ」と添えたところ見事炎上

coutneyinstaKurt.png
コートニー・ラブのインスタグラムより

 バンド「ニルヴァーナ」のフロントマン、カート・コバーンが衝撃的な拳銃自殺をしてから21年。世界的スターになり注目を浴びるようになったこと、レコード会社からタイトなスケジュールを組まれたことから、長年苦しんできたうつ病と薬物依存が悪化。心身ともに追いつめられ自殺願望が強くなり、1994年4月5日にシアトルにある自宅で自ら命を絶ったと伝えられている。

 姉さん女房だったコートニー・ラブも薬物依存状態だったが、カートの遺書の「コートニー、フランシスを頼んだ」「愛してる」の言葉を胸に気丈に振る舞い、シングルマザーとして1人娘のフランシス・ビーンを育てることを決意。しかし、薬断ちできなかったようで、09年には親権を剥奪される。フランシスが「物心ついたときから母はずっとヤク中だった」「ろくに面倒みてもらえなかったから、7歳まで読み書きできなかった。学校ではヘロインベビーって呼ばれていじめられた」「ペットの猫も死んだし、犬も母の薬を飲んで死んだ」「いつも寝たばこするから、火事になるんじゃないかと怖い」などと訴え、ダメ母の烙印が押されたのだ。

 しかし、12年のクリスマスにコートニーがフランシスに向けてツイートしたところ、数年ぶりに娘から反応があり、これをきっかけに2人は溝を埋め始めるようになった。昨年は、コートニーが企画、フランシスがプロデュースしたカートの伝記映画が公開され、今年1月には2人そろってサンダンス映画祭に登場した。

 このように「娘を心から愛している」とアピールするコートニーだが、「娘と仲良くしたいのは、カートの遺産目当てだから」「罪滅ぼしのため」という意地悪な声も上がっている。実は昨年、米「CBS」局のニュースサイトで、カートがコートニーのことを「ニキビ面のビッチ」「(カートの金を)湯水のように薬と男遊びに使い尽くす」と書き殴ったとされるメモが公開された。警察はカートを自殺と断定したが、遺産目当てでコートニーがカートを殺害したと信じ続けてきた一部のカートファンは大騒ぎ。

 先日もシアトル在住の男が、「カートの死の真相に迫るため、カートの死亡現場写真を公開すべき」と訴訟を起こし、コートニーとフランシスが猛反発したというニュースが流れたばかり。コートニーがカートの死に関与しているとするテレビドキュメンタリー映画『Soaked In Bleach』も制作され、これに激怒したコートニーが放映しないよう求める法的処置を申請するなど、死後20年以上たっても「コートニーがカートを殺した」という説を信じている人は多いのだ。

いまだにカートとコートニーの関係に憧れている女は地雷

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  14. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  17. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. テレビとギャップありなジャニーズ

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. テレビとギャップありなジャニーズ
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー