10年後の肌が怖い……そんな悩みを解決してくれる“奇跡のリンゴ”細胞とは

son.png
孫きょうも愛用してるとか

 そろそろ季節は秋に向かって一直線。真夏の盛りには感じなかった肌の疲れを、ひしひしと感じる頃になりました。いつもの洗顔後ケアだけではどうも肌の調子が戻らない時は、肌のエネルギーチャージをしておかないとしばらく不調を引きずることになってしまいます。それどころか年齢を重ねていけばいくほど、シミ、たるみ、ほうれい線に直結していくことも……。これは早めのケアをしなければ! ということで、最近話題の“リンゴ幹細胞”がたっぷり含まれているゲルに注目してみました!

 それがこの「スキンフェアリー」。渡辺美奈代や孫きょうなど、数多くの芸能人も愛用しているというオールインワン+エイジングケア美容液です。エイジングケアしながらスキンケアの時短もできるという「スキンフェアリー」は、4カ月間腐らない奇跡のリンゴ“ウトビラー・スパトラウバー”の果実から得られる「植物幹細胞」から抽出した美肌エキスをたっぷり配合していることで、今注目されているアイテムなんです。

shouhin.jpg

 前述した通り、年齢とともに現れるシワ、たるみ、ほうれい線、くすみの原因の1つは、表皮の生まれ変わりであるターンオーバーの乱れ。細胞の生まれ変わりの周期であるターンオーバーが乱れることによって、くすみやシワ、そして乾燥といった肌トラブルを引き起こしてしまいます。そして、このターンオーバーを活性化させてくれるのが、希少品種として保護認定されるリンゴ種“ウトビラー・スパトラウバー”の幹細胞。年齢、肌質、遺伝に一切関係なく圧倒的な再生力で肌に働きかけ、ターンオーバーを引き起こしてくれるんだそう。

 さらに今やお馴染みのプラセンタ、スクラワン、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸ナトリウムといった美容成分もバランスよく配合されているので、美肌効果やアンチエイジングもばっちり。何よりこのゲルは化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック・化粧下地という1つで6役をこなしてくれる優秀アイテムなので、仕事に家事にと忙しい現代女性にぴったりですよね。

 いつでも解約できる定期お届けコースだと、通常9,240円が67%オフで送料無料の2,980円になり、お届け2回目以降も送料無料・全額返金保証・いつでも解約OKというサポート制度があるそうなので、悩んでいる人も試しやすいかもしれません。さらに二の腕プラチナゲルマバームまでもらえちゃうというから、うれしい限りですよね。

 これから秋に向けて、肌のトラブルが多くなる季節がやってきます。そして今の肌トラブルだけでなく10年後の肌のためにも、積もり積もった肌のダメージは早めに解決しておくのが得策。「スキンフェアリー」はそんな時、強い味方になってくれそうです。将来の美しい肌を守っていくためにも、このアイテムでみずみずしい肌作りを実践してみてはいかがでしょうか。

4カ月腐らない神秘のエキス配合「スキンフェアリー」

※本記事はPR記事です

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  12. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  16. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  17. GENKING、元カレ質問で大失態
  18. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 煙たがられているゴリ押し若手女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. テレビとギャップありなジャニーズ

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー