老人に戸惑う社会の縮図のよう

『24時間テレビ』、徳光和夫“不要論”が加熱!? 羽鳥慎一の「無視対応」に称賛の声

150824tokumitsu.jpg
ソニー・ミュージック・アーティスト公式サイトより

 V6とHey!Say!JUMPが初の2世代メインパーソナリティーを務めた『24時間テレビ38 愛は地球を救う つなぐ~時を超えて笑顔を~』(日本テレビ系)が8月22~23日に放送された。チャリティーマラソンランナー・DAIGOのゴールで感動的なエンディングを迎えたが、視聴者からは「24時間テレビサポーター」という役割で出演した徳光和夫に対する批判的な声が上がっている。

 同番組では号泣シーンがお馴染みとなっている徳光。今年の総合司会は同局の水卜麻美アナウンサーとフリーアナウンサーの羽鳥慎一が務めたが、23日には多発性硬化症(MS)と闘う女性と15年ぶりに中継を結ぶというコーナーを徳光が進行。2000年の同番組で紹介したドイツ在住の「阪口菜保美」さんという女性が登場したが、徳光はコーナーの初めから「アベ」と名前を間違え、訂正。15年前と現在の生活に密着したVTRが放送された後、菜保美さんが生活するドイツ・ミュンヘンと、両親のいる日本武道館に中継をつないだ。

「現地のリポーター・山王丸和恵が菜保美さんに話を振ろうとするタイミングで、徳光が質問をかぶせてきたりと、イマイチ噛み合わない中継でした。最後に菜保美さんの父親が娘にメッセージを送った後は、徳光が『菜保美さん、伝わりましたでしょうか? はい、それではですね、ここで……』と、足早に次の進めようとしたところで、菜保美さんは『何ですか?』と反応。徳光は菜保美さんの話を広げるでもなく頷くのみで、『お母様の大好きな曲を菜保美さんにお届けします』と、一青窈の『ハナミズキ』の曲フリを行いました。ネット上では『徳光、中継ヘタすぎ』『徳光さんはもう下がろう。中継見ててイライラする』と不快感を表す人が続出しました」(芸能ライター)

 また、DAIGOがゴールした後の徳光のコメントについても批判の声が上がっている。出演者がDAIGOに感想を伝える流れで、TOKIO・山口達也がDAIGOをステージ前方に誘導。その後、Hey!Say!JUMP・八乙女光がコメントをしている途中にもかかわらず、徳光が「胴上げしようか?」「胴上げ! 胴上げ!」と出演者にDAIGOを胴上げするよう促したが、Hey!Say!JUMPメンバーは困惑。羽鳥が「知念(侑李)さん!」と、次のコメントを指名したため、胴上げは実行されずにエンディングとなった。

「徳光の『胴上げ』発言について、ネット上では『100キロ走り終えた人に胴上げなんて地獄』『100キロ走って、あちこち痛いはずなのに胴上げしようとか無神経』『羽鳥アナが完全に無視して、出演者に話振ってナイスだった』など、徳光への批判と羽鳥の対応力を称賛する声が入り乱れていました。このほか、徳光は22日放送のドラマスペシャル『母さん、俺は大丈夫』に出演した赤井英和が武道館に駆けつけた際も、空気の読めない言動に出ていました。マラソン経験がある赤井、V6・森田剛の後に徳光がDAIGOのマラソンについて『できれば雨降ってもらいたい』とコメントしましたが、唐突に『赤井さん、こんにちは。どうも久しぶり!』と離れた位置にいる赤井に個人的な挨拶の言葉を投げたんです。赤井は自分に声を掛けたとわからなかったのか、頷いて話を聞いていただけでコメントを返すことはありませんでした」(同)

 そんな徳光は10年からAKB48の選抜総選挙の司会を務めているが、メンバーの名前を間違えるなどの司会ぶりが不評となっている。「Team」を「ティーム」と読み、票数の「2万」を「ふたまん」と発することに「気になる」との声が相次ぎ、『24時間テレビ』についても、総合司会が羽鳥になったことで「徳光さんの必要性を感じない」との声も出ているが、来年の同番組にはどのような形で出演するのだろうか?

「老人に振り回される若者」が今年の見どころだったわ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク