また一人、トンデモ候補者が登場か?

米大統領選でヒラリーやドナルドを脅かす、謎の候補者「ディーズ・ナッツ」の正体って?

HillaryClinton01.jpg
まさか「キンタマ」に追い上げられると思わなかったヒラリー

 2016年11月8日に予定されている大統領選挙に向けて、連日盛り上がりを見せるアメリカ。民主党では、ヒラリー・クリントンが党の指名を勝ち取って、初のアメリカ女性大統領に王手をかけるだろうと予想する声が多い。一方の共和党は、むちゃくちゃな発言も多いが、裏表のないわかりやすい説明で「強いアメリカを取り戻そう!」と人々の愛国心を喚起し、弱体化しているアメリカにうんざりしている国民の心をつかんだドナルド・トランプが指名される可能性が現実的になってきており、政治が大きく変わるかもしれないと全米が強い関心を抱いている。

 そんな中、「民主党からヒラリー、共和党からドナルドが指名されたとして、無所属のディーズ・ナッツを加えた3人の中から誰に投票するか」という世論調査が行われ、ノースカロライナ州では「ヒラリーに38%、ドナルドに40%、ディーズ・ナッツに9%、無効12%」という結果になり、全米を笑いの渦に巻いた。というのも、無所属での候補だという「ディーズ・ナッツ」は、アメリカのスラングで「キンタマ」という意味だからである。

 米大手ニュースサイト「The Daily Beast」によると、「ディーズ・ナッツ」は架空の人物であり、立候補申請したのはアイオワ州の人口197人の田舎町ウォリングフォードに住む15歳の男子学生。同サイトのインタビューに応じた学生は、「リンバーバット・マッカビンズのニュースを聞いて、ボクもやれるんじゃないかって思ったんだ」と説明。7月26日に連邦選挙委員会(FEC)に立候補申請したと明かした。

 「リンバーバット・マッカビンズ」とは、今年初夏に話題になった「ケンタッキー州在住の民主党からの候補者」。「しなやかな」という意味のリンバー、「お尻」という意味のバットを合わせた「しなやかなケツ」という名前であることから、ゴシップ好きの間で注目を集め、SNSで拡散されるように。メディアが取材をすると、なんと候補者は「マッカビンズ家で飼われているオス猫のリンバーバット」であることが判明。立候補申請したのはケンタッキー州ルイビル在住の17歳の男子高校生で、「友達と、マッカビンズさん家のリンバーバットが大統領になったら最高! って盛り上がって、FECのサイトで立候補者登録をしたんだ」と告白。「本当は民主党(デモクラット)ならぬ民猫党(デモキャット)から立候補させたかったんだけど、自動選択で民主党になっちゃって」とのギャグであったことが判明した。

ドナルドがヒラリーに勝っているというのが、衝撃過ぎて……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー