「私が欲しいのは旦那の子供じゃない」33歳女性の子供を産みたいがゆえの離婚とは

 「この人の子供が欲しいから結婚した」という話は良く聞きますが、それとは逆に「この人の子供は欲しくないから離婚した」という女性がいます。

 33歳・OLのMさんは、この度結婚5年目で離婚に至ったそう。現在も「子供が欲しい」と話す彼女ですが、なぜ元旦那さんとの子供は欲しくなかったのでしょうか?

――離婚を決意した経緯はどんなものだったんですか?

M「元旦那と5年間結婚生活を送っていたんですけど、結婚した当初からセックスレス気味だったんです。私も元旦那もそんなに性欲が強い方じゃなくて、3カ月に1回くらいしかしていませんでした。離婚する前の1年は1回もしてません。その前に3年同棲してたんで、それもあるかと思うんですけど、元旦那のアレがデカすぎてセックスの度に痛かったっていうのもレスの原因になってたかな。そこから徐々にすれ違いが生じていったと思います」

――セックスが苦痛なのは確かにツラいですよね。でも、結婚前からわかってたでしょうし、それ以外に元旦那さんの魅力があったから結婚したんじゃないですか?

M「そうですね。元旦那はすごく優しくて、付き合ってから私に対して一度も怒ったことはなかったんです。『こういう人と結婚したら、穏やかな家庭が築けるんじゃないかな』と思って結婚して、30歳になった時に『そろそろ子供が欲しい』と考え始めたんですけど、3カ月に一度のセックスじゃなかなか子供ができなくて。セックスしなきゃ子供はできないのはわかってるんですけど、痛いっていうのもあってどうしてもセックスの回数を増やす気になれませんでした。ただ挿入だけして射精する、みたいに事務的なセックスもしようと思ったんですけど、それも無理で。あとは義両親のこともあって……」

――嫁姑問題ですか?

M「同居ではなかったので、義両親と顔を合わせるのは半年に1、2回くらいだったんですけど、義両親、特に義母が元旦那の弟夫婦の子供を溺愛してたんです。おもちゃでもなんでも欲しいものを買い与えて、習い事なんかも全部義母が決めて、その費用も義母持ちで。元旦那弟も、その奥さんも何も言えなくて、もはや義母の子供? っていう状態でした。だから私も子供を産んだら、義母に取られちゃうのかな、産むだけのマシーンみたいになっちゃうのかなって。それでますますセックスが怖くなったのかもしれません」

――元旦那さんにその不安を伝えたことはありますか?

M「あるんですけど、『お金出してくれるんなら別によくない?』って言われました。元旦那も元旦那弟もマザコンっぽいところがあったと思います。母親の言うことは一切間違っていないと思っているような……。私は『私たちの子供だし、もし生まれたら私たちで教育方針を決めたい。それが無理なら、子供を作らないで一生2人で過ごす選択もあるよね』と話したんですが、元旦那は煮え切らなくて。ただ、子供なしの人生もあるよと言いつつ、本音では私も子供が欲しかった。けどいつまでもグダグダしてる元旦那を見て、私が欲しいのはこの人の子供じゃないって気づいたんです。私はその時点で33歳だったし、このままでいても絶対後悔するって」

――そこで離婚の意思を元旦那さんに伝えたんですね。

M「はい。『もうちょっと話し合おう』とかいろいろ言われたんですけど、30歳の時にそろそろ子供が欲しいって話した時から何度も話してたのに結論が出なかったワケだし、とにかく私の離婚したい意思が固いことを伝えたら応じてくれました。その後も、義母に泣きわめかれたりして大変だったんですけど、離婚できてかなりスッキリしています。私の両親には申し訳ない気持ちもありましたけど、『あなたが決めたことなら応援する』って言ってくれたので、離婚したばっかりですけど早く孫の顔を見せたいです(笑)」

――離婚を経て、いまは結婚に前向きなんですね。

M「できれば35歳までには結婚して子供を産みたいです。あと2年くらいしかないので、あんまり時間がないんですけど。正直言うと、今度は義両親がいない人と結婚したいなって思ってます」

 セックスレスや義両親との関係など、さまざまな問題が積み重なり離婚したMさん。子供を持つか持たないかだけでなく、どんな環境で子供を育てるかという考え方を夫婦ですり合わせられるかどうかは、結婚生活を送る上での重要なカギとなりそうです。彼女が今回の決断によって、より幸せな人生を歩めることを願います。
(リオネル・メシ子)

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク