彼女にそそのかされたか

アンジャッシュ・渡部建、相方の俳優業に嫉妬!? 「渡部の芝居はわざとらしい」の業界評

unjush.jpg
人力舎公式サイトより

 先月公開されたSMAP・木村拓哉主演の話題作『HERO』で、松たか子演じる雨宮舞子検事のお見合い相手となる弁護士を演じたアンジャッシュの児嶋一哉。

「最近は、芸人の仕事よりも俳優としての仕事の方が多いんじゃないですかね。それくらい、話題作に出ていますよ。ドラマ出演でもギャラが1話20万円くらいと破格なので声も掛けやすいそうです」(芸能事務所関係者)

 これまでに児嶋が出演した主だった作品を見ても、その辺の中堅俳優以上に話題作に出ているのがわかる。

「初めて映像作品に出たのが大御所、黒沢清監督の『トウキョウソナタ』ですから。この作品はカンヌ国際映画祭で賞を取るなど、さまざまな映画祭で高く評価された作品でした。そのおかげで関係者の目に留まったのか、吉田大八監督、園子温監督などのヒットメーカーにも呼ばれ、ドラマもNHK大河ドラマの『龍馬伝』に出演するなど、着実に俳優としてステップアップしています」(テレビ局関係者)

 最近も、話題のドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系)や『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)に出演するなど、本業の俳優も羨むほどの活躍を見せている。

「相方の渡部建さんが『俺もドラマに出たい!』と事務所に直訴しているようですが、なかなか声がかからないようです。確かに渡部さんが演じると、どこかわざとらしくなりますからね。それが児嶋さんだと自然なんです。ただ、これだけ演技が評価されてるのに、児嶋さんは渡部さんのようにラジオやバラエティにもっと出たいと言ってるそうです。収入も渡部さんの方がだいぶ上なのを知ってるようで、本当はドラマよりもピンでレギュラーが欲しいそうですよ」(ドラマスタッフ)

 女優・佐々木希と交際中の渡部にとっては、グルメキャラのほかにも「俳優」の看板は手にしたいアイテムなのかもしれない。いくら俳優として評価されようとも、お笑い芸人の活動を望む児嶋。アンジャッシュお得意のコントのような“すれ違い”が生じているようだ。

カップルで棒演技とかいわれる日も近いな

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!