セックスのため女はここまでしなきゃいけないの!? もうひとつのセックス特集

 ページをめくるたび、これは21世紀に作られた雑誌なの? とめまいに襲われました。先週さんざんツッコミを入れた『an・an』のセックス特集は、まだマトモだったんだ……と知りました。そう、『an・an』はツッコめるんですよ、笑いという余地を残してくれているから。チンコ=教会なんて、まるでダチョウ倶楽部。「笑うなよ、笑うなよ」といいながら、笑ってもらうのを全力で待っている。うんざりする記事が多くても、毎年つい手にとってしまうのは、それゆえです。

 で、今回はじめて『GLITTER』9月号のセックス特集を読みました。その感想をひと言でいうなら、

「私たち女性は、ここまでして男性にセックスしてもらわなきゃいけないの!?」

でした。女性から男性に積極的に働きかけ、セックスをすること自体はすばらしい。みずからの欲望をただしく見極め、その解消のため能動的に行動するって、健全で当たり前のことですよね。欲望が薄く、セックスそのものに消極的な人もいますが、それはそれでセックスとの距離感を決める必要があります。相手がいることなので自分だけで決められないことも多々あるとはいえ、それでも主体性をもって自分がどうするかを決めていいのです。欲望の強さやセックス観は人それぞれでも、「自分の性の主体は、自分にある」というのは誰にとっても同じです。

 同特集は「メンズ113人に聞きました! 本音リサーチ」から始まります。類似の特集では、「私たちのセックス事情をリサーチ!」的なものからはじまるのがスタンダード。読者、もしくは読者と同年齢層の女性たちへのアンケート結果です。でもまあ、セックスする相手について知るのも大事といえば大事……と自分に言い聞かせながら読み進めたのですが、早々に失望しました。

 ここでは「私たちはどんなセックスをしているのか、したいのか」ではなく、「男はどんなセックスをしているのか、したいのか」に重きが置かれています。そんな姿勢で行われたアンケートだけに、よくもまぁこれだけ好き勝手なことをいえるなという回答だらけ。「ベッドで相手がどんなことをしたら燃えますか」→「何でも言うとおりにしてくれたら燃える」とか、「セックスレスになった原因」→「いつも彼女のイキかたが一緒で飽きた」とか。男性の幼稚で身勝手なセックス観をあぶり出すという意味では有意義でした。

 いくら匿名のアンケートでもそんなことを平気でいう男と私は寝たくありません。が、同特集ではこの後、どうしたらそんな男たちに抱いてもらえ、悦んでもらえるかの具体策が続々と展開されます。以下、その一例を紹介しましょう。

◎身体は男性好みにカスタマイズ

 アンケートによると、男性の約半数は「最近ドキドキしていない」そう。そんな男性の関心を引くべく、とにかくフェロモンを出せと読者を煽ります。フェロモンと女性ホルモンを混同しまくる内容も、エストロゲンを増やせばフェロモンが出ると誤解を招く記事も、指摘することすらアホらしい……。極めつけは、「メンズを引き寄せるフェロモンボディの作り方」。〈ウエスト、お尻、脚と男性が好きな部分が詰まった下半身を徹底的に鍛えるのがコツ〉といわれて、せっせとエクササイズに励む女性がもし本当に存在したら、肩をたたいて「ねえ、自分のためにきれいになろうよ」といってあげたいです。

◎マグロは万死に値する

 とにかくマグロ・バッシングがすごい! 無反応だとつまらない、というのは私も理解できます。でも私が男性だったら、それ以上に不安に駆られるでしょう。これはセックスにかぎった話ではないですよね。手料理をふるまって、何もいわず表情も変えずただ黙々と食べている男性がいたら、「おいしくなかったのかな?」と思います。長いつき合いで「こういう無反応な人なんだ」とわかっていれば別ですが、そうでないうちは自分自身を省みる人が多いのではないでしょうか。しかし、覆面座談会に出てくる男性たちは、自分に問題があるとは露ほども考えません。それどころか、「マグロは本当に男性を傷つけますよね。少しは動いてほしいし、演技でもいいんです」と、まさかの演技希望!

 セックスはコミュニケーションですから、盛り上げるため表現が多少オーバーになるのはアリ……というのが私の持論です。気持ちいいときに、あえぎ声をちょっと盛ってみたら、相手だけでなく自分も興奮に火が点くというのはよくあること。会話における〈話法〉みたいなものです。でもそれは、女性が自身の選択によって行うべきこと。男性の求めに応じて、まったく感じていないのに演技をするばかりでは自分がすり減ります。しかし、その男性はこう続けるのです。「(無反応の女性として以来)それから自信喪失して、5年間バイアグラを飲んでましたね」「マグロは男の人生を終わらせます」……なぜ女性が反応しないのかを考えず、己の自信のために演技を強要する男のセックスライフなんて、さっさと終わってくれていいですよ。

◎男性は疲れているので気を使え

 同特集ではなぜか「男は疲れている」という前提で、話が進みます。えーと、女性だって疲れていますけど? なのに、疲れてその気にならない男性のために、あるいは疲れているから前戯は省いてさっさと挿入だけしたい男性のために、女性はひたすら気を遣わなければならないそうです。

 前戯ナシのセックスは多くの場合、女性の心身に負担を強います。いきなり挿入されて気持ちよくなれるわけがない。でも、ここで男性に「前戯しなきゃ」というプレッシャーを与えてはダメ、というのが『GLITTER』流。そのストレスで男性の性欲が減退しては元も子もないという理由から、まず女性から男性への愛撫を先にして、射精寸前まで導くという方法が勧められます。こうして男性をいったん焚きつけたら、あとは男性自身が自分の興奮をさらに高めるために女性を愛撫しはじめますよ……というのがその理屈。彼女が俺を愛撫するのは、俺の興奮のため。俺が彼女を愛撫するのも、俺の興奮のため。とんだジャイアニズムです。

◎女は与える性、男は受ける性

 そして、すべての前戯が女性の気遣いなしには進みません。男性が的はずれなところを愛撫していたら、そっと手を取り感じるところに誘導する、どこを触れば感じるのかを鏡に映して見せながらレクチャーする、感じるポイントはよがり声とあえぎ声で教えてあげる……。よがり声とあえぎ声の違いもよくわかりませんが、すべて「どこが感じるの?」などと訊けない男性をやさしく導き、「そこじゃない」といわれると傷つく男性を守るための提案です。どうして男性から「考える」という行為をまるまる奪ってしまうの? セックスの最中、相手のことを考えることそのものが悦びにもなるのに。

 おっと失礼! その理由、ちゃんと書いてありました。「男性はデリケートな生き物。女性からセックスについてアレコレ言われることに敏感に反応してしまう傾向に。だからこそ、やさしく教えてあげて♡」。そんなコミュニケーショ不全の男性がお好きな女性は、過保護な母親よろしくボクちゃんに教えてあげてください。私はそんな男、まっぴらごめんです。

◎セックスレスの原因は女性にあり

 いまは日本の夫婦の4割がセックスレスといわれていますが、結婚していなくてもレスになる人が多いというのも周知の事実。それを予防するためには、まず原因を探らねば! ということで「男はなぜセックスしようといわなくなる?」という項目を見てみると、男性を萎えさせる女性のセリフ集が紹介されています。「今はダメよ。夕食の支度をしなくちゃ」「時間がないわ」「頭痛がするわ」「生理中だし、おなかも痛いし」って、頭痛や生理痛などの不調も口にできない関係って、セックスレス以前に何か問題がありますよ。しかもそれで萎える男って、人としてどうですか。

 また、レス状態にある男性へのアンケートでは、約9割が「改善策を考えていない」と回答。ゆえに、レスを解消するのも女性の役目です。その打開策は、2~3分で済む「ショートセックス」! 前回も書いたように、セックスという習慣を維持するために、自分が乗り気でなくても相手の欲求を受け入れる日があってもいいと私も思っています。でも、それは程度問題。あまりに頻繁だと、男性の排泄に女性がつき合うだけになります。それって、オナホールじゃん。でも『GLITTER』的解釈は違います。このショートセックスは女性にもメリットがあるとか。「オーガズムを感じるふりをする必要もなくなる」って……つまり、ふだんは演技している前提なんかい! そりゃセックスレスになるほうが自然ですって。

 ……と、すみません、怒りに任せて長々と紹介してしまいました、すみません。そうなんです、私は同特集を読んでいて、はっきりと怒りを覚えました。女性が主体的に性を愉しむことをあまりに無視した内容。気を遣った代償として抱いてもらい、最中は顔色をうかがって演技をする。女性の快感は、一体どこへ? ああ、怒りというのは間違いでした。私は哀しいのです。これをセックスというなら、私はセックスしなくていい。でもこれは、セックスではなく性サービスです。どうかこれを真に受けた読者が、自己犠牲の上に成り立つ性サービスをくり返して、自尊心をすり減らしませんように。

 ただ、「忘れられない刺激的な体験談!」として紹介されている読者体験談の半分は、外国人とのセックスなんですよね。せめてこれが、「女性にここまでしてもらわないとセックスできない日本の男って、結局ダメじゃん」という『GLITTER』流の皮肉であってほしい。そうだったら、少しは溜飲が下がるのですが。……いや、下がらないですね、やっぱり。

■桃子/オトナのオモチャ約200種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク