“国民的”なの?

AKB48、朝ドラ『あさが来た』の主題歌決定にブーイング! NHKとの“癒着”を怪しむ声も

akb48_syoki.jpg
NHKを巻き込んでオリンピックはわが手中にあり?

 秋からスタートするNHK連続テレビ小説『あさが来た』の主題歌が、AKB48の「365日の紙飛行機」に決定したことが明らかになり、ネット上で大ブーイングが起こっているという。

 AKBグループが朝ドラの主題歌を担当するのは今回が初めて。大阪で制作される作品ということで、センターは活動拠点を大阪に置くNMB48のキャプテン・山本彩が務めることも発表され、ファンは大いに期待しているようだ。しかし、ファン以外のネットユーザーからは「楽しみにしていたのに、AKBが主題歌と聞いて見る気が失せた」「裏でどんな根回しが繰り広げられたのか……」「そのうち朝ドラにAKBメンバーが出演しそう」など、早速批判的なコメントが相次いでいる。

「『公共放送であるNHKまでAKBをゴリ押しするのか?』『癒着があるのでは?』といった疑問から、このような批判が出ているようです。AKBとNHKの癒着は、以前から取りざたされており、特に同グループの“大ファン”と公言している元NHKプロデューサー・石原真氏とAKBの関係は、ネット上でずっと疑問視されていました」(芸能ライター)

 石原氏は、AKBメンバーからサプライズで誕生日を祝われたり、また前田敦子の誕生パーティーへ出席したりと、「AKBとあまりにも密接な関係を築いており、ファンの間でも度々話題となっていた」(同)という。

「同局は、NHK BSプレミアムで『AKB48 SHOW!』をレギュラー放送中のほか、過去にはドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48』のテレビ版を放送したり、『音楽熱帯夜』で『AKB48 前田敦子卒業公演』の特集を組むなど、かねてからAKBを猛プッシュしていました。しかし今年1月、石原氏が同局を退職したことが発覚。『ついにAKBとの癒着がなくなるのでは?』といわれていたのですが、NHKの目玉番組ともいえる朝ドラの主題歌を務めるので、まだ関係は終わっていなかったようです」(芸能記者)

 7月には、AKBの“公式ライバル”である乃木坂46が、NHK大河ドラマ『花燃ゆ』に出演し、大ブーイングを受けたばかりだが、今後もNHKはAKBグループをプッシュし続けるのだろうか?

もうこれは、アイドルじゃなくて秋元康のサクセスストーリー

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー