え? “おそとで◯◯”が定番になる!? 「24時間体制」の肌ケア最前線に迫る!

top200.jpeg

 夏も終盤戦ですが、みなさんお肌の調子はいかがでしょうか。夏場になると特に気になるのが毛穴の開きですよね。いつまでも若い肌を保っていたい我々にとって、その毛穴の開きを解決することは大命題。しかし日々の肌ケアを行っているだけでは、毛穴の悩みは解決できません。なぜなら、日中まではさすがにケアできないから。メイクに肌が覆われている間は、肌が呼吸できず、水分不足にも陥っています。この状態が、毛穴を開かせてしまう大きな要因なんだそう。そんなワケもあって、美意識の高いOLさんたちを中心に今、とある毛穴ケア方法がジワジワとはやっているようなんです。それがなんと“おそとでパック”をすることだというんです。

 しかし、“おそとでパック”とは、一体どこでどうやるのか? 謎だらけだったので調べてきました! その正体は、なんと毛穴ミストで顔全体をミストパックしてしまうという、なんとも斬新かつ大胆な方法だったんです。マスクなどのパックではなく、毛穴ケア成分をまとった超微粒子のミストを日中に顔に吹きかけるだけなので、いつでもどこでも常に“毛穴パック”状態が可能というわけ。

hinata-item.jpg
HINATA デイタイムミスト

 その毛穴ミストパックというのが、「HINATA デイタイムミスト」。このアイテムが“おそとでパック”に適しているワケは、その粒子の細かさにあるんだとか。「HINATA デイタイムミスト」は薬用の毛穴ケア成分が水の粒子より小さい10億分の1サイズにナノ化されているという画期的なアイテムなので、メイクの上からでも毛穴の中にずーっと入り込み、肌の奥へと毛穴ケア成分が浸透してくれるという、超優秀アイテムなんです! その浸透力ゆえ化粧崩れの心配もないんだそう。

hainata-hikaku.jpg
左は従来のミスト、右は「HINATA デイタイムミスト」

 おそとでシュシュっと顔全体にミストを吹きかけるだけだから、オフィスで、化粧室で、もちろん屋外だっていつでもどこでも使用可能です。もちろん、日中だけじゃなく朝晩のスキンケアにも使えちゃうからなんとも万能! 24時間毛穴パック状態ができますね。

 夏が終わると今度は乾燥が気になる季節がやってきますが、シワやたるみの原因となる乾燥も肌にとっては大敵ですよね。でも、このミストは保水対策もばっちりで、セラミドやヒアルロン酸といった保湿に優れた成分が贅沢に配合されているんです。ナノ化によって、角質層までしっかり届いてくれるので、乾燥知らずの肌を作ってくれるんだとか。夏の日差しの後遺症や、エアコン対策の味方になってくれそうですね。

 これから定番になっていきそうな“おそとでパック”を、一足早く取り入れてみませんか?家での肌ケアを頑張っても解消できない毛穴の悩みは、24時間体制で毛穴ケアできる「HINATA デイタイムミスト」で解決できるかもしれませんよ。

HINATA デイタイムミスト

※本記事はPR記事です

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  16. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  17. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  18. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. トランプ就任式はしょぼくてもOK!

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム