犯人は薬物による錯乱状態?

モーガン・フリーマンとの肉体関係をウワサされていた孫娘が、めった刺しで殺される

MorganFreeman01.jpg
硬派な印象が強いけど、意外とスケコマシなモーガン

 圧倒的な存在感と演技力で世界中の映画ファンの心を奪ってきた名優モーガン・フリーマン。役者であることを最優先させてきた彼の私生活は少々複雑で、交際していた女性に未婚のまま産ませた2人の息子、1984年~2010年に結婚していた2番目の妻マーナ・コリー・リーとの間にもうけた娘、そしてマーナと再婚した際に養子縁組した1番目の妻ジャネット・アデア・ブラッドショーの連れ子である娘と、4人の子を持つ。

 モーガンは昨年9月に受けた英紙「Telegraph」のインタビューで、「結婚せずに何人かの子どもが産まれたけど、産まれただけじゃ父親になれなかった。(父親になるには)かなりの時間がかかったね。あの頃は役者で居続けることに必死だったからね」「今、こうして老いぼれて。14人の孫がいて。積極的に孫を世話するタイプの祖父ではないけどね。おむつも替えないし。でも、娘が産まれたときは、おむつを替えたんだよ。世話を焼いて育てると、子どもの人生に大きな影響を与えるよね」と発言。息子の一人、アルフォンソ・フリーマンは俳優になり、映画『最高の人生の見つけ方』(07年)で共演を果たしているが、モーガンにとっては2番目の妻と共に育てた娘たちの方が父親らしいことをしてきたと告白した。

 血のつながっていない最初の妻の連れ子を我が子同然のように育ててきたモーガンは、慈悲深き人間だと見られていた。しかし、マーナとの離婚騒動が勃発していた09年。養女が産んだ娘、つまりモーガンにとって血はつながっていない孫娘であるエディナ・ハインズと性的関係にあり、愛し合っているという報道が流れ、世間を大仰天させたことがあるのだ。

 このことを報じた米大手タブロイド紙「ナショナル・エンクワイアラー」によると、「エディナが十代の頃、モーガンに連れられ、友人宅でお酒を飲みながら夕食を楽しんだ。帰宅後、酔った勢いからか、モーガンがエディナに覆いかぶさり、性的関係を結ぼうとした。このとき、モーガンは挿入寸前で思い留まったが、2人はこれをきっかけに禁断の恋愛関係に陥った」とのこと。エディナはモーガンの妻の座を狙っており、2人の関係をマーナに告白。モーガンはハリウッドのイベントにエディナを連れていくことが多く、マーナは激怒。モーガンには他にも愛人とウワサされる女性がおり、07年にモーガンが交通事故を起こした際にはその女性が同乗していたことから、マーナは離婚を決意したというのだ。モーガンとエディナは血はつながっていないため、結婚は可能。しかし、45歳という年の差はもちろんのこと、モラル的に考えても、実現することは難しい。世間からは「気持ち悪い」と批判する声が上がり、バッシング騒ぎに発展した。

 それ以後、いたるところで報じられるこの情報にうんざりしたのか、12年にモーガンは「孫と恋愛関係にあるとか結婚するとかいうウワサはウソだ」と全面否定。エディナも、「このウワサに本当に傷つけられている」という声明を出し、モーガンは良きおじいちゃんで、それ以下でもそれ以上でもないと断言。この声明が功をなしたのか、世間はこの報道を忘れていった。

 しかし、この度世間はエディナの名を久々に思い出すことになる。なぜなら彼女がめった刺しにされ、殺害されたからである。

恋人がヤク中だったときの対処法なんて誰も教えてくれないし……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク