[ジョニーの小部屋]

アイドル食いのNEWS・手越祐也、“お咎めナシ”も納得? ビッグマウスも愛される魅力

tegoshisan.jpg
チャラさここに極まりのヘアスタイル

美少年軍団のドンが送る、愛するカレへのラブレター──泣く子も黙る芸能界のドンであるジョニーさん(83)に、大好きな男のコのコト、いろいろ聞いちゃえ!!

[今回のジョニタレさん]
手越祐也(27)
1987年11月11日の“ポッキーの日”生まれ。神奈川県出身。B型。NEWS、テゴマスのメンバー。デビュー当時はグループ最年少のおとなしいキャラだったが、いつしかファンを「子猫ちゃん」と呼ぶキラキラの王子様キャラを確立。レギュラー番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、バツグンの運動神経に加えて悪気のない自己中っぷりとハートの強さ、男らしさをいかんなく披露し、一般層にまで知名度を広げた。「サッカーは生きがいでジャニーズは副業」と断言するほどのサッカー好き。

――今回は、ジャニーズいちの“チャラ男”として新境地を開きつつあるNEWS・手越祐也くんでお願いします。いやぁ、それにしても手越くん。やってくれましたねえ。

ジョニー え、なんのこと?

――またまた、とぼけちゃってー。先日のAKB48選抜総選挙で2位に輝いた人気アイドル・柏木由紀さんとの熱愛スキャンダルですよ! 浴衣姿の手越くんが覆い被さるようにゆきりんを抱擁する“ラブラブすぎるツーショット写真”が「週刊文春」(文藝春秋)2015年6月18日号に掲載されて、世間に大打撃を与えました。清純派のゆきりんはこれに完全スルーを決め込んで、いまだに批判の声がくすぶっていますが、手越くんは「文春」による直撃インタビューにチャラチャラ答えたにもかかわらず評価が高まるという、不可思議な現象が起こっています。

ジョニー そっかー。まぁ、それも人徳の差だよネ。

――あれ? 今回は怒らないんですね。手越くんといえばこれまでにも、AKB48の小嶋陽菜さんや最近AV落ちしたSKE48元メンバーの鬼頭桃菜さん、そして紗栄子さん、きゃりーぱみゅぱみゅ……と、さんざん浮名を流してきたのに、事務所の幹部からも一切お咎めなし。同じジョニタレでもスキャンダルが許されない人がいるなかで、その差ってなんなんですか? 

ジョニー いやあ、祐也の真の魅力は、その程度のことで色褪せないってことなの。草食男子がはびこる世の中で、ここまで明るく肉食を貫けるなんてカッコいいと思わない?

――確かに、一般人からも「手越最強」「逆に尊敬するわ」などと称賛の声が上がっています。

ジョニー でしょー? でもさ、事務所に入ったときはどうしようもないくらいイモっぽかった祐也が「芸能界きってのプレイボーイ」と呼ばれるようになるなんて、さすがのボクでも予想できなかったヨ。

――小学校の頃こそ目立ちたがり屋だったみたいですが、受験に失敗して男子校に入ってからは地味なキャラだったみたいですしね。学校にモーニング娘。のTシャツ着てっちゃうくらいの熱狂ヲタだったり。

ジョニー それにサ、友達と共謀して口うるさい先生に黒魔術をかけてやろうとしたこともあったらしいヨ……。星を描きながら「ハービーエーバーティエブ……」ってつぶやくと、相手に悪いことが起こるんだって。

――純粋というか……。基本的にちょっとかわいそうな子だったんですね。

ジョニー でも、ボクはそんな祐也にキラリと光るものを感じたんだ。

――ジョニーさんの審美眼には定評がありますが……それはいつ頃からですか?

ジョニー ふふふ、そりゃあ一目見た瞬間サ! オーディション当日のことはよく覚えてるなぁ。ダンスが全然うまく踊れなくて、休憩時間にも悔しそうな表情で練習してる子がいてサ。そのひたむきな姿にキュンキュンしちゃって、その日のうちに(Hey!Say!JUMP・八乙女)光と一緒にJr.の中に放り込んで雑誌撮影させちゃったの♪

――経験ゼロの手越くんを前に、周囲は「この日のために練習しました!」と言わんばかりに踊ったり、バク転をぴょんぴょん決めちゃう子ばっかりだったらしいですね。手越くん的には「中3のオレが小学生には負けてらんねえ!」の一心で頑張ったとか。

ジョニー そうそう、かわいい子が悔しそうな顔してるのってサ……なんかムラムラするじゃない!

――え、え~と、それはさておき。入所した9カ月後にはデビューを果たしたということで、ほかのメンバーと比べても驚異的なスピード出世ですよね。ただ、手越くんの場合は「キャリアも年齢も一番下からのスタートだから、劣等感とか能力不足は努力で埋めるしかない」と、Jr.入りしてすぐにボイトレとダンスの先生を探して自費で個人レッスンを受けていたとか。高待遇に甘んじない意識の高さを感じます。

ジョニー デビュー後も続けてたのに、メンバーにも会社にも隠してたんだヨ。「努力って見せるものじゃないから」って。超かっこいいと思わない?

心にいつも芋テゴシを忘れずに……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アイドル食いのNEWS・手越祐也、“お咎めナシ”も納得? ビッグマウスも愛される魅力のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! NEWS・ジョニーの小部屋・手越祐也のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  2. 叩かれた“主婦タレントの手料理”
  3. 田中萌アナ、同僚から「珍獣扱い」
  4. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  5. 『VS嵐』女子アナ出演で炎上
  6. “クビ寸前”野球選手の女子アナ妻
  7. Mattに願う、たった1つのこと
  8. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ
  9. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  10. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  11. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋
  12. “クズすぎる男性タレント”暴露
  13. 自称「女に嫉妬される」婚外恋愛女性
  14. 『べっぴんさん』明美の一言が大反響
  15. 成宮寛貴、“友人A氏”の意外な今
  16. 土屋太鳳の手料理に批判噴出
  17. GACKTの“男性器”は改造しまくり?
  18. 1月期ドラマのワースト&ベスト
  19. セックス写真流出疑惑の女子アナは今
  20. 『東京タラレバ娘』最終回にクレーム!?

ジャニーズの人気記事

  1. 『VS嵐』女子アナ出演で炎上
  2. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  3. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  4. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋
  5. ジャニオタがハロプロ番組を見たら

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  2. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  3. お下品なママサークルぶっ潰してやる!!
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 親が離婚した子の「幸せ」とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  2. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  3. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  4. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  5. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参