【うわさの会見場から】

矢口真里、不倫ネタイジリに逆ギレ!? 「アップフロントは全員迷走」発言に「どの口が言うんだ」

2015yaguchim.jpg
迷走を表情で伝えるワイプモンスター

“寝室不倫”騒動で離婚した元モーニング娘。矢口真里が、7日に行われたパチンコ『CR花の慶次』シリーズのPRイベントに登場。再びバラエティ番組などで顔を見るようになってきた矢口だが、所属事務所・アップフロントグループに対して不満をぶちまけ、報道陣をあ然とさせていたという。

 常識を超えた言動・行動で話題の人物(かぶき者)を表彰するというこの日のイベント。矢口とともに受賞者となった柔道家でタレント・篠原信一は、元夫・中村昌也と身長がほぼ変わらないということもあり、「この身長差を(マスコミは)撮り慣れていると思う」と、終始離婚ネタを繰り出していたという。

「今回の受賞に矢口は、『よっしゃー!』と喜ぶようなコメントこそしていたんですが、どこか声のトーンは投げやりでしたね。ただ、いまの自分の立ち位置はわかっているようで、司会からモー娘。時代の功績を聞かれると、『新人賞とかもらいました。けど、これを言うとモー娘。に傷がつくんで、あんまり語らないようにしてます』と、配慮する姿勢を見せてました」(ワイドショースタッフ)

 しかし、自らモー娘。を語ることを控えているという矢口だったが、囲み取材では報道陣に求められるままに、直近であった藤本美貴の第2子女児出産の話や、加護亜依とのミニモニ。再結成への思いを語っていたという。

「そんな中、この日、赤のロリータ・ファッションで出てきたことついて質問された矢口は、『どうやら、全員で迷走してるみたいです。私を含めてアップフロントグループ全体が』と一言。不倫騒動の面倒を見たスタッフや、ほかの所属タレントまで巻き込んで『迷走』扱いするなんて、会見終了後には『どの口が言ってるんだよ』と記者同士で首を傾げていました」(同)

 取材終了直前には、「私は地道に生きていきたい」とも話していたという矢口。毎回ぶり返される不倫騒動に関するイジリに、「少しイラついているようにも見えた。ただ、それしかネタがないんだし、そもそも自らネタにしているのに……もはや逆ギレですよね」(同)という声も。全て身から出た錆ということを矢口は理解しているのだろうか。

「アップフロントは全員迷走」ほかウソは何ひとつ言ってないのに

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク