小百合劇場は終わらない!

上西小百合議員、「ダウンタウンさんなら理解してくれる」発言で「完全に狂ってる」と炎上

2015uenishisayu.jpg
『小百合』(双葉社)

 “セクシーフォト”自叙伝を発売する上西小百合衆院議員が、14日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)2時間スペシャルに出演することが発表され、またしてもネット上で総スカンに遭っている。放送に先駆けて発表された「大好きなダウンタウンさんだったら理解してもらえるかなって」と言うコメントから、これまでの数々の騒動について釈明することが予想されるが……。

 上西議員は今年3月、体調不良を理由に衆院本会議を欠席したが、その翌日から男性秘書と旅行していたと一部で報じられた。その後、テレビ局の取材に対して、男性秘書が「おいコラァ!」などと恫喝する様子が何度もテレビでオンエアされるなど、一時期はスキャンダルの寵児となった。

 そして、所属していた維新の党から除名処分を受けると、“パンダメイク”と叩かれた濃いアイメイクをナチュラル路線に変更し、各メディアでさまざまな“疑惑”を釈明するように。極めつきは、19日に発売される自叙伝『小百合』(双葉社)で、胸元を大きく開けたドレス姿など“セクシー写真”が多数掲載されているという。

 そんな上西議員が14日、『ダウンタウンなう』の「あの人は何?」というコーナーに出演するという。同コーナーは、話題の有名人に対して、ダウンタウンら出演陣がツッコミを入れる企画で、出演に先駆け上西議員は「あることないこといろいろ出ている疑惑を払拭して、政治家として前向きに取り組んでいることを、自分の口から話したいなと。(中略)大好きなダウンタウンさんだったら理解してもらえるかなって思って、『ダウンタウンなう』に出演することを決めました」とコメントしている。

「ネット上ではこの発言に、『完全に狂ってる』『どうやったらそんな発想になるのか?』『この人、もはやエンタメでしか話題にならないね』『ダウンタウンがあなたのことを好きなわけじゃないから』などと批判が殺到。ダウンタウンに対しては『上西をぶった斬ってくれ!』とエールが送られていましたね。イメージ回復の手段がメディア露出しかないことで、議員辞職を勧める声も多数上がっています」(芸能ライター)

 また、この同日付の「スポーツニッポン」では、上西議員が「尊敬する政治家10人」を選出するコーナーに登場している。「ご迷惑がかかるから」と橋下徹大阪市長は除外し、市川房枝らの名前を挙げているが、こちらについても「選ばれた方が迷惑だよ」「ここまでくるともはやギャグ」と、ネットの反応は冷ややかだ。

 いよいよ“お騒がせタレント”として本領発揮してきた印象の上西議員だが、果たして任期となる2018年まで、この路線を続けることはできるのだろうか。

「理解してほしい」と口にする女は総じて地雷

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  13. キャラ変え好調の乙武洋匡
  14. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  15. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー