[ジャニーズ最新言行録]

TOKIO・長瀬智也、ジャニーズ最強の天然伝説「ドッグフード食い」の真相が明らかに

nagase_egao.jpg
「そうそう、食べちゃったの~」

 初詣に行った際、「あけましておめでとうございます」と挨拶した神主に対して「ありがとうございます」と返した話など、数々の天然エピソードを持つTOKIO・長瀬智也。その中の1つに、「ドッグフードを食べた」という伝説があるが、その真相についてジャニーズJr.時代からの親友であるKinKi Kids・堂本光一が語った。

 フジテレビのニュース番組『FNNレインボー発』を『レインボ一発(れいんぼいっぱつ)』だと思っていたことや、SMAP・中居正広&とんねるず・石橋貴明がMCを務めた音楽バラエティ『うたばん』(TBS系)に出演した際は「東京都の都知事」についての質問に、「土地の持ち主?」と返すなど、愛すべきおバカキャラが魅力の長瀬。ネット上には本人が語った話から、TOKIOメンバーやジャニーズ仲間が暴露したものまで、長瀬のおバカな言動に関する多くのエピソードが出回っている。

 光一がパーソナリティを務めるラジオ番組『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送、8月12日放送)では、リスナーからの質問をきっかけに、長瀬の“伝説”に言及。それは、ジャニーズWESTの桐山照史と中間淳太が先日放送のテレビ番組で「長瀬君がドッグフードをおやつと間違えて食べてしまったところ、光一君に見られたことがある」というウワサを紹介していたことについて「本当ですか?」と真相を尋ねるお便りだった。

 これを受け、光一は「それをなんでこのジャニーズWESTの子が知ってるのかっていうのが……謎なんですけどね。なんで知ってんねやろ? めっちゃ昔の話ですよ」と疑問を口にしながらも、当時に思いを馳せた。

 光一によれば、これはデビュー前のジャニーズの合宿所での出来事。当時は8ミリビデオカメラで映像を撮ること自体が珍しい時代だったといい、合宿所にあるカメラで「なんとなく撮って遊ぶ」ことがはやっていたという。

「長瀬自身も、8ミリビデオがスタンドに立てて回ってるのを気付いてなくて。キッチンから(ドッグフードの箱を)持ってきて、お菓子と思ってソファに座ってバリバリ食ってたんですね。それがず~っと、一部始終カメラ回ってたの気付かなくて、ずっと食ってたんですよ。で、それを5分ぐらいずっと食い続けてたのかなぁ。(5分くらい)たったところで、なんとなく不思議そうに箱を見たら『ドッグフードだーーーー!』って。叫んで画面からいなくなったっていう映像がね、撮られてたんですよね」

 と、懐かしそうに当時を振り返った光一。しかし、目撃者から真相が聞けたことでリスナーの疑問は解消されたものの、光一自身は、

「なんでこれを、この2人が知ってるのかが僕は最大の謎です。見たのかな? 見たって言ったって世代が違いすぎるんで、その8ミリ(の映像)が残ってるとは思えないし。まぁ、なんかで話したり書いてたのを見たのかなぁ。まぁそんなこともありましたね」

と述べており、年齢差のある後輩にまで「ドッグフード」エピソードが知れ渡っていたことが心に引っかかってしまったようだった。

 今や、合宿所のエピソードが語られる機会も少なくなってしまっただけに、いつか貴重なお宝映像を放出してくれることを期待したい。

我こそは天然と自負する猛者よ、この壁を越えていけ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク