高齢者だけじゃないんだって!

女性6人に1人がボコボコ足に……医師が警鐘、「重症むくみ&かゆみ」の危険信号

kasijyoumyakuryu.jpg

下肢静脈瘤の女性患者

 女性に多い悩みの1つに、“むくみ”があります。なかでも下半身にむくみを実感している人は多く、朝になっても十分に解消されていないという人も。恒常的に感じることで重大視されにくいむくみですが、皮膚表面の血管がどす黒くボコボコと浮き出てしまう「下肢静脈瘤」の可能性が潜んでいる場合があるとのこと。悪化すると見た目が醜くなるため、スカートをはくことさえもためらわれてしまいます。

 ピップ株式会社が医師と共同で行った調査によれば、日常的にむくみを感じている20~40代の女性の15.2%に「隠れ下肢静脈瘤」の可能性があったそうです。そこで、都庁前血管外科・循環器内科の医院長・長江恒幸先生に、特に女性に多いという、下肢静脈瘤について伺いました。

――下肢静脈瘤というと、年配の方に多いイメージがありました。

長江恒幸先生(以下、長江) 生活習慣次第で、若くても下肢静脈瘤になる可能性は十分に考えられるんです。足の筋量低下による血液ポンプ作用の低下、女性ホルモンや妊娠などの影響で、特に女性に多く見られます。調査結果を見ても、日常的にむくみを自覚している20~40代女性の6~7人に1人の割合で「隠れ下肢静脈瘤」の疑いがあることがわかっています。

――隠れ下肢静脈瘤とは、どのような症状なのでしょうか?

長江 下肢静脈瘤と聞くと、一般的には血管が浮き出てこぶ状になった症状を思い浮かべると思います。しかし下肢静脈瘤と同様の症状で皮膚症状があるにもかかわらず、表層にこぶが現れない場合もあります。“下肢静脈機能の低下”や“リンパ還流低下”が併存している可能性もあるのですが、血管が浮き出ないため見た目ではあまりわかりません。このような状態を隠れ下肢静脈瘤の症状と表現しています。

――見た目でわからないなら、自覚もできませんね。

長江 下肢静脈瘤の典型的な4症状のうち2つに当てはまる人は注意です。1:脚のむくみに左右差がある、2:ひざ下から足首までの肌、特にくるぶし周辺が黒ずんでいる、3:足にしつこいかゆみがあったり湿疹が出たりすることがある、4:足がつる、といった4つです。隠れ下肢静脈瘤で毎日むくみを感じている人は4割以上で、さらに朝起きたときにむくみが取れていない人は一般的なむくみの人の2倍の頻度で見受けられるので、上記項目に当てはまらなくても、毎日むくみがひどい人は隠れ下肢静脈瘤の可能性が高いです。

――足がつったり、むくんだりといった症状は、ほとんどの女性が悩んでいそうです。

長江 見落としがちな症状だと、かゆみや湿疹、つっぱり感といった皮膚症状を伴うこともありますよ。脚の静脈のうっ滞が起こると血流が悪くなりますので、代謝が落ちてかゆみや肌のつっぱり感を覚えます。それで皮膚科を受診しても、改善されないということでこちらへ紹介されてくる方も多いです。

――では、女性が特に多いといいますが、その中での傾向はありますか?

長江 長時間の立ち仕事やデスクワークは、静脈に圧がかかり続けている状態になるのでよくありませんね。ふくらはぎの筋肉が重要なので、運動量が少ない人も下肢静脈瘤になりやすいでしょう。また遺伝の影響も大きいので、両親ともに下肢静脈瘤なら90%、どちらか一方の親でも50%の確率で発症するという統計もあります。あと、統計でよくみかけるのが便秘。長い時間トイレで腹圧をかけ続ける状態になるので、かなりのリスクファクターです。

――便秘もむくみも女性の最大の悩みなので困りますね……。自分でできる予防や対策法はありますか?

長江 下肢静脈瘤にならないためには、下肢の静脈のうっ滞を解消させる生活を送ることです。立ち仕事の人は、適度に休憩を取って屈伸などの足運動をするといいでしょう。繰り返しになりますが、ふくらはぎの筋ポンプ作用が重要になるので、下肢の筋肉を鍛えることも大切です。ほかにも、段階圧力ソックスは外側から筋ポンプの働きをサポートしてくれるので、継続的に着用することが一番の予防になりますよ。なかでも足首の圧力が一番強く、ふくらはぎのサポート機能があるものをおすすめします。

 隠れ下肢静脈瘤を放置して色素沈着や血管の浮き出しが起きてしまうと、元には戻りません。また、エコノミークラス症候群のリスクが高まる場合もあります。ただのむくみだからと放置するのではなく、若いうちからしっかりとケアをして、悪化させない生活習慣を心がけてください。

nagaesensei.jpg
 

長江恒幸(ながえ・つねゆき)
都庁前血管外科・循環器内科院長。日本外科学会専門医、日本循環器学会専門医、脈管専門医。著書に『血管の病気と言われたら…』(保健同人社 共著)。

うちのバアちゃんの足、これだったわ……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

女性6人に1人がボコボコ足に……医師が警鐘、「重症むくみ&かゆみ」の危険信号のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! インタビュー・健康のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  2. 消えたタレント料理人たちは今
  3. 消えた“朝ドラヒロイン”女優はいま
  4. 神格化に疑問を感じる大物芸人は?
  5. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  6. 自称「女に嫉妬される」婚外恋愛女性
  7. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  8. “ふっくらもち肌”は1分間だけ、イソフラボン配合の「なめらか本舗」【本当はヤバい洗顔料】
  9. “クビ寸前”野球選手の女子アナ妻
  10. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  11. デブのおばさん人気風俗嬢になったわけ
  12. 消えた女芸人・アジアン隅田美保は今
  13. 田中萌アナ、同僚から「珍獣扱い」
  14. プウ美ねえさん流体重キープ術
  15. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  16. 王道体位から刺激的体位、足ピンオナニー常習者まで…みんなが気持ちいいクンニ体位4選!
  17. キスマイ・横尾、女性と親密写真流出
  18. 消えた人気女性アスリートは今
  19. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  20. 塀の中でもクスリの乱用はアリ?

ジャニーズの人気記事

  1. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  2. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  3. キスマイ・横尾、女性と親密写真流出
  4. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  5. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  3. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. お下品なママサークルぶっ潰してやる!!

海外ゴシップの人気記事

  1. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  2. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  5. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参