噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第278回】

V6・岡田准一&宮崎あおいの交際報道に見る、「女性セブン」の裏メッセージ

okadaaoi1.jpg
「女性セブン」8月20・27日号(小学館)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 川内原発がついに再稼働した。東日本壊滅まであと一歩だった福島原発事故。それは偶然にも回避されたが、その原因は解明されず、誰も責任を取らぬままの再稼働だ。この国の為政者や原発ムラの面々、そして多くの利害関係者たちは、今また日本の自然を人々の生活を脅かす存在となった。

第278回(8/6発売号より)
1位「岡田准一 宮崎あおい 甘くて切ない蜩の夏」(「女性セブン」8月28日号)
2位「森進一 67才の恋! 不安老後に光をもたらした28才年下OL」(「女性セブン」8月28日号)
3位「小泉進次郎に学ぶ トークだだ漏れホテルのトリセツ」(「女性セブン」8月28日号)
※「女性自身」「週刊女性」は合併号でお休みのため「女性セブン」のみ

 今週は「自身」「週女」が夏休み合併号のため「セブン」のみのランキングだが、今週の「セブン」トップ特集は、いろいろな意味で興味深いものだった。それが売れっこジャニーズで俳優としても評価の高いV6・岡田准一と宮崎あおいの熱愛スクープである。2人は仲良くマスクで変装し、岡田の運転で都心から離れたスーパーへ。ここで買い出しをして、知人宅のホームパーティに行ったという。変装し、肩を寄せ合い歩いている2人の写真を見ると、それは確かに“恋人関係”に見える。

 「セブン」によると、2人は出会いは2008年公開の映画『陰日向に咲く』での共演だった。以来友人関係を経て、今年に入って再会し、春頃から付き合い始めたという。

 おい、おい。もちろんこんなことを信じる関係者は皆無だろう。記事にも軽く触れられているが、3年半前の11年末「週刊文春」(文藝春秋)では、今回の美談仕立ての緩い熱愛記事とは全然違った2人の大スキャンダルを掲載していたのだ。 

 「週刊文春」では宮崎が夫で俳優の高岡泰輔と別居中、岡田と温泉旅行に行くほど深い“不倫関係”になったことが報じられている。さらに2人の関係を知った高岡が激怒、岡田を呼び出したのだが、その際岡田は土下座して「(責任を取るために)芸能界を引退します」とまで口にしたというものだった。この一件はジャニーズタブーのため「週刊文春」や「東スポ」など一部のメディアでしか報じられていなかったが、その2人が再び今年春から付き合い始めたなどと素直に信じられるはずがない。あれから2人はずっと続いていた。そう考えるのが普通だろう。

 その根拠は岡田がジャニーズ事務所で、今回のスクープが「セブン」だからだ。

「セブン」では土下座騒動以降について、友人のコメントとして「宮崎さんと岡田さんはその後、連絡をとらなくなり会うこともなくなった」と記した上、「一時は疎遠になりましたが、今年に入って再会して、時間が合えばご飯を食べに行くようになって、春頃からつきあい始めたようです」とわざわざ強調している。

とんでもねえ20周年イヤーだな、岡田ちゃん

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク