[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

Kis-My-Ft2・北山宏光、京都弁好きアピール&「安田美沙子みたいな感じ」発言が波紋! 

ojimitukawaii.jpg
……保田圭じゃダメ?

 Kis‐My‐Ft2が隔週替わりでパーソナリティーを務める『キスマイRadio』(文化放送)にて、北山宏光がうっかり女性タレントの実名を出して好みを語り、ファンの間で波紋が広がっているようだ。

 3年3カ月ぶりのコンビとなった、キスマイ年長組の北山宏光と横尾渉による『キスマイRadio』(8月5日放送)。放送開始からテンション高く、声色を変えてリスナーからのメールを読み上げる横尾に対し、「横尾さんのキャラクターが強すぎて全然入ってこないんですけど」「4回くらい噛んでましたよね?」などと、北山が冷静につっこむという軽妙な進行でリスナーを楽しませた。

 しかし、「世界で一番会議」のコーナーになると空気は一変。「かわいいなと思った方言や地方の言葉を教えてください」というリスナーからの質問に対して、北山・横尾ともに「京都弁」と回答。「関西弁もいいと思うんですけど、ちょっと強いじゃないですか」という横尾の意見に「関西弁強い! ソース!」と北山も興奮気味に同意。さらに北山は関西弁と京都弁の違いについて、

「関西弁だと言われてイラッとすることでも、京都弁だったらイラッとしない」「京都ってその、怒りを忘れる場所じゃない?」

などと、京都弁を褒め続け、しまいには「あれ俺……京都で生まれたのかな昔」とボケてみせ、横尾に「いやいや全然神奈川でしょ」とつっこまれていた。

 そしてコーナーも終盤に差し掛かったとき、北山は実名を挙げ、こう説明。

「結局方言とか含めると、あの、なに、安田美沙子みたいな感じだよね」

 これに横尾は、「そのイメージあるかも」と同意しながらも、「丸山くんもそうじゃないですか、関ジャニ∞の丸山くんも(京都出身)」と焦りながら必死にフォロー。しかし、これを聞いたファンからは、「安田美沙子のあざとい京都弁がいいのか……」「だまされちゃだめだ北山」など、呆れ声や素直すぎる北山を心配する声が上がった。

 それもそのはず、北山と安田といえば、昨年8月に『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)で共演しており、その際ファンから「北山は安田美沙子をガン見しすぎ」と、視線の先を見抜かれ指摘されていたのだ。それから1年経った今、また安田の名前が出てくるとは、ファンも予想外だったようだ。

 某女性アーティストが「好きなタイプはキスマイのみっくん」と発言し、親密な関係をにおわせ炎上したことが記憶に新しいが、これも火元はラジオであった。テレビでは聞けないような深い話をタレントの口から直接聞けるというのがラジオの魅力のひとつである。しかし、表情がわからない分、言葉の捉え方が聞く人によって大きく異なってしまう可能性も。それだけに、一番慎重にならなければいけない媒体でもあり、タレントもうかつな発言には気をつけたほうがよいだろう。

居酒屋のトークじゃないんだゾ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. キャラ変え好調の乙武洋匡
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  16. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決