手ブラはAKBのお家芸

「需要なし」SKE48・松井珠理奈の手ブラヌードに「脱ぐタイプじゃないのに」とブーイング

2015jurina.jpg
『松井珠理奈ファースト写真集 Jurina』(集英社)

 SKE48・松井珠理奈の初写真集のビジュアルが公開され、AKB48グループではもはや“定番”となった手ブラ姿を披露していることがわかった。11歳でSKE48のオープニングメンバーとしてデビューを飾った松井だが、18歳になった途端の大幅露出にネット上ではさまざまな意見が飛び交っている。

 上半身裸で笑顔を見せる松井の写真は、9月発売予定の写真集『Jurina』(集英社)に収められたショット。東京、沖縄、そしてロサンゼルスで撮影されたという同写真集には、そのほかにも水着や上半身裸など、露出度の高いカットが何枚も収められているようだ。

 ところがこの“手ブラ写真”について、ネット上ではあまり好意的な意見は出ていないようだ。

「児童ポルノの対象外となる18歳になった途端の“手ブラ”だったため、『自分が親だったら悲しいと思う』『小学生からアイドル活動して、18になった途端露出?』などと嫌悪感を抱いた人が多かったようです。ほかにも、前田敦子や渡辺麻友らが過去にセミヌードショットを披露したことも踏まえ、『未成年を脱がせるのがホントに好きだな』『このグループは脱いでばっかり』とい苦言を呈する人や、『珠理奈はグラビア向きじゃない』『脱ぐタイプじゃないのに』『こういうのはアイドルではなくグラドルの仕事』などと、『需要がない』とはっきり言う人もいましたね」(芸能ライター)

 また松井といえば、6月24日に放送された『テレ東音楽祭(2)』(テレビ東京)の番宣VTRがYouTubeにアップされた際、ほとんどリアクションをせずに突然ニヤニヤしたかと思えば小刻みに震えるなど、挙動がおかしかったことがネット上で「精神的に不安定なのでは?」と話題になった。

「この話題も相まってか、『精神が病みそうな仕事は控えてあげて』『大人に無理やり脱がされたんじゃ? メンタルが心配』という心配の声も。HKT48・指原莉乃やAKB48・島崎遥香のように、運営、引いては秋元康から直接の寵愛を受けているとされる松井ですが、今回は運営のゴリ押し批判以上に“ビジネスヌード”への批判がネット上にあふれています」(同)

 松井は公演デビュー前でSKE48の公式メンバーでもなかった時点で、AKB48シングル「大声ダイヤモンド」でセンターを務めるなど、“特待生”扱いを受けてきたことは周知の事実。昨年12月には、一部週刊誌で未成年飲酒が報じられたこともあったが、「これを『みそぎヌード』などと批判する声は皆無で、とにかく『少し休ませてあげてほしい』と心配の声を集めているようです」(同)。

 大々的なプロモーションとは裏腹に、精神面の心配ばかりが投げかけられる現状を、松井本人はどう受け止めているのだろうか。

貫禄がつきすぎてRIKACOのヌードでも見たような気分に

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!