今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

「キスはまだ」発言の春香クリスティーンが背負う、世間からの関心の重み

harukakurisutin.jpg
『春香クリスティーンのおもしろい政治ジャパン』(マガジンハウス)

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎アイドルよりもそれらしく
 生まれて初めてできた彼氏と5カ月で破局したという春香クリスティーン。「公言処女キャラ」ゆえ、交際中も「手はつなぎましたがキスはまだ」と、プラトニックを強調。破局した今、世間の興味は「で、やったの? やってないの?」に集約しているわけだが。どうやら「やってない」で切り抜けそうな匂いが。ま、AKB48・柏木由紀よりはまだ説得力がある気がする。果たしてどこで「手を打つ」のか。プロ処女の仕事っぷりに、今後も注目だ。

◎この勝負、もらった!
 上西小百合、セクシー写真集発売。人の不愉快のツボを抉る天才の出現であるな。生出演の『とくダネ!』(フジテレビ系)では、ここぞとばかりに小倉智昭に苦言を呈されていたが。小倉から「ズレてる」というワードを引き出せたことに関してだけは、いい仕事したと思う。グッジョブ。

◎そのキャラに需要ナシ
 主演ドラマ『探偵の探偵』(フジテレビ系)で、初のハードボイルドに挑戦中の北川景子。クールな役柄に合わせ、劇中のファッションも黒ずくめ。ゴツいブーツに細身のパンツ、ハード系のシルバーアクセ……。ハードボイルドというよりはハードロック。つーか完全に「女版DAIGO」である。そのうち指なし手袋はめて出るかも。交際順調。お幸せに。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク