[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

関ジャニ∞・錦戸亮、10月に連ドラ主演決定! 「小説やマンガ原作」モノで進行中?

nisikidoryou.jpg
ついにあの伝説の枠に錦戸降臨!!

 山下智久、赤西仁とともに、昨夏の“六本木スマホ強奪事件”に関与したとされる関ジャニ∞・錦戸亮が、10月スタートのテレビ朝日系連続ドラマで主演を務めることになったという。錦戸の連ドラ最新作は2014年の『ごめんね青春!』(TBS系)だったが、同作は事件発覚前から決定していた作品とあって、実質的な“ドラマ復帰作”になるが――。

 前出の事件は各メディアで取り沙汰されたものの、最終的に山下だけが器物損壊容疑で書類送検という決着を迎えており、騒動に関しても山下が主演映画の舞台挨拶で「僕の行動でたくさんの方にご迷惑、ご心配をおかけしたことをこの場を借りてお詫び申し上げます」と謝罪をしたのみだった。しかし、山下が一般人のスマホを奪ったきっかけは、酔った錦戸が口論をけしかけたためという報道もあった。

「すでにジャニーズ事務所を退所していた赤西は例外として、錦戸に関しても何らかのペナルティが与えられたのでは、と言われています。騒動直後にメインパーソナリティを務めた『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)でも、錦戸はジャニーズサイドから『余計なことはしゃべるな』と釘を刺されていたそうで、フリートークではほぼ無言だったことがファンの間でも話題になっていました」(週刊誌記者)

 そして事件から丸1年以上が経過し、ようやく錦戸の“晴れ舞台”となりそうなのが、テレビ朝日系「金曜ナイトドラマ」枠だという。2月にKAT‐TUN・亀梨和也が深田恭子と共演した話題作『セカンド・ラブ』や、嵐・大野智の『死神くん』、Sexy Zone・中島健人の『黒服物語』を放送してきた枠だ。

「現在放送中の『民王』も初回視聴率が8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、放送時間帯が午後11時台ということもあり、近頃では2ケタになる方が珍しい枠。『ごめんね青春!』は最低視聴率5.7%、全話平均7.7%とパッとしませんでしたが、錦戸のこの作品も、時間帯を考えると、数字以上に内容で勝負する作品となりそう。なお、オリジナル作品ではなく小説やマンガが原作となるようです」(テレビ局関係者)

 ちなみに低視聴率で終わった『ごめんね青春!』だが、「放送終了後に発売されたDVD&Blu‐rayの初週売り上げは0.3万枚で、オリコンの週間売り上げランキングで総合部門3位、ドラマ部門では1位を記録しました。邦ドラマの総合部門トップ3入りは、『死神くん DVD‐BOX』(2014年11月発売) 以来初で、8月現時点で今年唯一だそうです。視聴率は振るわなかったものの、作品ファンは確実に付いていたのでしょう。今回の連ドラでジャニーズサイドが狙っているのも、DVD&BDの売り上げだと思います」(同)とか。

 錦戸は間もなく発表される見込みという同作をヒットさせて、事件のつまずきを払拭できるのか? 注目が集まる。

死神、黒服、コンテンポラリーダンサーを排出してきた枠だからね~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 新春ジャニオタ放談
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 『カウコン』意外な舞台裏
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー