キスマイ『KIS-MY-WORLD』が傑作である理由 サウンドの方向性から読み解く

realsound-kismyftth_.jpg

(C)タナカケンイチ

【リアルサウンドより】

 Kis-My-Ft2の新作『KIS-MY-WORLD』は、傑作である。キスマイは、これまで多様な楽曲を歌いこなし、さまざまな音楽的可能性を探っていた印象がある。もちろんダンス・ミュージックの印象が強かったが、そのなかでもユーロビートに近いもの、ミクスチャー成分の強いものなど、細かい方向性はさまざまであった。

 本作『KIS-MY-WORLD』は、先行シングル「Thank youじゃん!」「Kiss魂」の流れを受けてか、音楽的な方向性が、ディスコ/ファンク~EDMのあいだでだいたい統一されている。その意味で、シンフォニックで速い4つ打ちの「Another Future」は、アルバム中ではむしろ、アクセントとして機能している。アルバム全体はもう少しディスコ/ファンク寄りと言える。「Thank youじゃん!」は、うねるベースラインと跳ねるピアノが印象的な、少しニューオリンズ風のファンキーなダンス・ミュージックである。重要なことは、鈴木おさむによる歌詞の俗っぽさとシンプルなメロディが歌謡曲感を担保していることで、この歌詞とメロディによってお茶の間サイズに整えられている。いまから振り返れば、来るべきアルバムの方向性を決定づけていくという点で、重要なシングル曲だった。

 「Kiss魂」は、ヴォコーダーも使用されたハードなEDMで、エレキ・ギターの轟音も目立つミクスチャー風の曲である。しかし、やはりファンキーなベースライン、そして一瞬挿し込まれる高音のカッティング・ギターが、重めの曲に軽やかさを与えており、その点ユニークである。「Kiss魂」「Another Future」の前後には「Brand New World」「FOLLOW」という曲が配置されているが、それぞれバキバキしたシンセサイザーを基調にしつつも、サビにやはり歌謡曲感を残している。ダンス・ミュージックを取り入れた歌謡曲/ポップスという意味では、SMAPや嵐のラインに連なるが、そのバランス感覚は、SMAPや嵐とは似て非なる。

 中盤「君にあえるから」あたりになると、徐々に雰囲気が明るくなる。「君にあえるから」は、サックスとピアノがフィーチャーされたメロウなR&Bだが、キックだけがやけに太いのは、EDM的なノリを残そうとしているからだろうか。いずれにせよ、アルバムの構成としては見事である。この太いビート感は、続く「if」でも受け継がれる。「if」は、ピアノとストリングスが美しく響くバラードだが、その底流には太いビートが鳴り続けていて、ダンス・ミュージック感が強いのが面白い。そして、この生楽器をフィーチャーした2曲を経て、横尾渉&藤ヶ谷太輔による「わんダフォー」に続く。楽しいブラスアレンジに耳を奪われるが、背後のワウワウギターが本当に陽気で良い。本作は、方向性をある程度定めたがゆえに、かえってサウンドの多様性や広がりを獲得しているのだ。

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  12. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  13. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  14. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  17. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  18. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  19. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー