キスマイ『KIS-MY-WORLD』が傑作である理由 サウンドの方向性から読み解く

realsound-kismyftth_.jpg

(C)タナカケンイチ

【リアルサウンドより】

 Kis-My-Ft2の新作『KIS-MY-WORLD』は、傑作である。キスマイは、これまで多様な楽曲を歌いこなし、さまざまな音楽的可能性を探っていた印象がある。もちろんダンス・ミュージックの印象が強かったが、そのなかでもユーロビートに近いもの、ミクスチャー成分の強いものなど、細かい方向性はさまざまであった。

 本作『KIS-MY-WORLD』は、先行シングル「Thank youじゃん!」「Kiss魂」の流れを受けてか、音楽的な方向性が、ディスコ/ファンク~EDMのあいだでだいたい統一されている。その意味で、シンフォニックで速い4つ打ちの「Another Future」は、アルバム中ではむしろ、アクセントとして機能している。アルバム全体はもう少しディスコ/ファンク寄りと言える。「Thank youじゃん!」は、うねるベースラインと跳ねるピアノが印象的な、少しニューオリンズ風のファンキーなダンス・ミュージックである。重要なことは、鈴木おさむによる歌詞の俗っぽさとシンプルなメロディが歌謡曲感を担保していることで、この歌詞とメロディによってお茶の間サイズに整えられている。いまから振り返れば、来るべきアルバムの方向性を決定づけていくという点で、重要なシングル曲だった。

 「Kiss魂」は、ヴォコーダーも使用されたハードなEDMで、エレキ・ギターの轟音も目立つミクスチャー風の曲である。しかし、やはりファンキーなベースライン、そして一瞬挿し込まれる高音のカッティング・ギターが、重めの曲に軽やかさを与えており、その点ユニークである。「Kiss魂」「Another Future」の前後には「Brand New World」「FOLLOW」という曲が配置されているが、それぞれバキバキしたシンセサイザーを基調にしつつも、サビにやはり歌謡曲感を残している。ダンス・ミュージックを取り入れた歌謡曲/ポップスという意味では、SMAPや嵐のラインに連なるが、そのバランス感覚は、SMAPや嵐とは似て非なる。

 中盤「君にあえるから」あたりになると、徐々に雰囲気が明るくなる。「君にあえるから」は、サックスとピアノがフィーチャーされたメロウなR&Bだが、キックだけがやけに太いのは、EDM的なノリを残そうとしているからだろうか。いずれにせよ、アルバムの構成としては見事である。この太いビート感は、続く「if」でも受け継がれる。「if」は、ピアノとストリングスが美しく響くバラードだが、その底流には太いビートが鳴り続けていて、ダンス・ミュージック感が強いのが面白い。そして、この生楽器をフィーチャーした2曲を経て、横尾渉&藤ヶ谷太輔による「わんダフォー」に続く。楽しいブラスアレンジに耳を奪われるが、背後のワウワウギターが本当に陽気で良い。本作は、方向性をある程度定めたがゆえに、かえってサウンドの多様性や広がりを獲得しているのだ。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  2. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  3. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  4. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  5. 三代目JSB・山下の恋人にファン大混乱
  6. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  7. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  8. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  9. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  10. 丸山の繊細なブログにファンも心配
  11. “○○が面倒くさい”芸能人
  12. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  13. 栄養ドリンクで疲労は一切とれない
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「タウリン配合」はまったく意味ナシ!
  16. 月9イケメン俳優3人の業界評は?
  17. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  18. 「ド修羅場会見」を関係者暴露
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 男性保育士問題へのリアルな本音

ジャニーズの人気記事

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  3. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  5. 近藤真彦「嵐派だから」と軽口発言

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  2. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  3. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  4. M・タイソン、ブラピに妻を寝取られた過去
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!