嵐・大野、Kinki・剛、NEWS・手越……歌ウマジャニーズの“発声法”を分析

realsound-arashi.jpg

(C)タナカケンイチ

【リアルサウンドより】

 容姿、ダンス、演技、歌……様々なスキルをあますところなく発揮し、人気を得ているジャニーズの面々。これまでファンの多くは彼らの“音楽”はもちろんだが、総合的な“パフォーマンス”にこそ惹かれていたのではないか。しかし昨今では、歌唱力そのものを評価され、ソロの歌手として活躍するメンバーも少なくない。今回は「発声法」という視点から見て、「高い歌唱力を持っている」と言えるメンバーにスポットライトを当ててみたいと思う。

ソウルフルな歌声の嵐・大野智

 押しも押されもせぬ、国民的アイドルグループとなった嵐。そのメンバーである大野智は、「歌が上手いジャニーズ」として必ず名前が挙げられる存在だ。

 まず注目したいのが、息の吐き方。特にブレス前の部分が分かりやすいと思うが、丁寧に息を吐き切ってからブレスをし、次のフレーズを歌い出している。これはしっかりと腹式呼吸をしているからこそできること。言わば「息で歌っている」状態なのだ。「息で歌っている」状態の何が良いかと言うと、楽に声を出すことができる。その証拠に、大野のロングトーンは声が均一でブレておらず、長く一定の音を出すことができている。

 そうした基礎に、ビブラートやフェイクなどのテクニックを乗せ、大野らしさをトッピングしている。アイドルらしからぬソウルフルな歌声は、音楽業界の中でも評判が高い。

練習量を感じさせるKinKi Kids・堂本剛

 ジャニーズにおいて、グループでデビューした後にソロデビューを果たした先駆け的存在と言える、KinKi Kids・堂本剛。これまでに11枚のCDシングルを発売しており、あのMichael Jacksonからも「歌が上手い」と評されたこともあるほどだ。

 そんな彼の特徴は、何と言ってもビブラート。ビブラートの出し方は2通りある。1つは、音程に高低をつけて出す方法。これは喉の筋肉を使って音程を一定に揺ら方法である。2つ目は、音量を震わせて出す方法。横隔膜を使い、ゆったりとしたビブラートをかけることができる方法だ。

 ビブラートがかかる部分で声量が大きくなる堂本剛の歌い方を聴くと、おそらく横隔膜を使う方法でビブラートをかけていると思われる。しかし、横隔膜を使うビブラートは自然なビブラートを作りやすい一方で、習得までに時間がかかる。つまり、彼は相当な練習量をこなしているのではないだろうか。

 その練習量と堂本独特の感性が相俟って、あの歌唱力が生まれたと言っていいだろう。

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  9. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  17. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー