V6森田剛の演技はいかにして磨かれたか? 実力派俳優となった背景を読む

realsound-v6th_.jpg

(C)タナカケンイチ

【リアルサウンドより】

 今年20周年を迎え、例年に増して活発な動きを見せているV6。7月29日にはベストアルバム『SUPER Very best』をリリースするほか、各メンバーのメディア露出も増え、ファンにとって嬉しい日々が続いている。中でも注目すべきトピックのひとつに、森田剛の役者としての活躍も挙げられるだろう。

 森田剛は現在、フジテレビ系で水曜夜10時から放送されている『リスクの神様』に出演中。堤真一や古田新太、吉田鋼太郎といった実力派俳優と肩を並べ、社会派ドラマである本作でシリアスな演技を見せている。その表情はかつて、10〜20代のときに演じていたヤンチャな青年役(1998年『PU-PU-PU-』の丹下隼人など)とは大きく異なり、久しぶりに彼の演技を観た視聴者を驚かせている。

 2016年には、『行け!稲中卓球部』や『ヒミズ』といった作品でカリスマ的な人気を誇る漫画家・古谷実原作の映画『ヒメアノ~ル』にて、快楽殺人鬼の役に抜擢されるなど、ジャニーズの役者としては異例ともいえるポジションを確立しつつある森田剛。本格派の役者としてその実力を評価されるに至った背景について、ジャニーズの動向に詳しい芸能ライターの佐藤結衣氏は次のように解説する。

「森田さんは『学校へ行こう!』(TBS)などで活躍していた時期は、V6の中でも1、2を争う人気メンバーで、その後もメディアで大きく活躍することが期待されましたが、彼自身はむしろ舞台の方に力を注ぐようになり、演技の面では岡田准一さんの活躍に世間の注目は集まっていったと思います。しかし、その決断は彼にとっても良い方向に働いたのではないでしょうか。実際に彼は蜷川幸雄さんが演出を手掛けた舞台『血は立ったまま眠っている』などで硬派な役柄に次々と挑戦し、役者として着実に実力を身に付けていきました。ジャニーズのメンバーだと、テレビや雑誌などのメディアでは少なからずアイドルらしい振る舞いが求められるものですが、彼の場合は舞台という場を選んだことにより、ジャニーズのイメージにとらわれないスタイルを確立できたのではないでしょうか。二宮和也さんなど、演技力を高く評価されるジャニーズのメンバーは少なくありませんが、今後は森田さんもさらに脚光を浴びるはずです」

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと