A.B.C-Z塚田 × キスマイ宮田、ジャニーズNo.1オタクコンビの可能性とは?

realsound-kismyftth_.jpg

(C)タナカケンイチ

【リアルサウンドより】

 A.B.C-Zの塚田僚一が、5月に放送された『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演以降、その“アウト”なキャラクターでブレイクの兆しを見せている。同番組で塚田は熱烈なアイドルオタクであることを告白し、モーニング娘。の曲を全力で歌い踊るなど、ジャニーズらしからぬ行動で視聴者の注目を集め、バラエティ番組で急速に活躍の場を拡げているのだ。

 そんな塚田とプライベートで親交があるジャニーズメンバーに、Kis-My-Ft2の宮田俊哉がいる。宮田は同グループの派生ユニット・舞祭組のメンバーでもあり、人気アニメ『ラブライブ!』の熱心なファン=ラブライバーとしても知られるジャニーズの異端児だ。そのオタクキャラを活かし、音楽番組『UTAGE!』(TBS)にて、おすすめのアニソンや声優アーティストを紹介するワンコーナー「宮タイム」を担当したことも記憶に新しい。(参考:キスマイの異才、宮田俊哉の可能性 “オタクジャニーズ”の旗手となるか?

 それぞれジャニーズアイドルとしては通常“アウト”な趣味で注目を集めており、いわば似た者同士ともいえるコンビだが、ジャニーズに詳しい芸能ライターの佐藤結衣氏は、そんなふたりだからこそ大きな可能性を秘めているという。

「Kis-My-Ft2とA.B.C-Zは、ジャニーズJr.時代に通称“エビキスコン”と呼ばれる合同コンサートをしていたこともあり、グループとして長い交流の歴史があります。中でも塚田さんは宮田さんに同じ“オタク”の匂いを感じたのか、彼を誘って一緒に遊びに行くようになったようです。ジャニーズメンバー同士のプライベート交流は、ファンにとって嬉しい情報ですが、しかし彼らはいつも雑誌の取材などで、たとえば宮田さんが『塚ちゃんはいつでもどこでも、ファンに過剰なサービスをするから、一緒にいると自分が冷たい人間に思われて困る』といった趣旨の発言をするなど、おたがいに文句を言い合っています。その様はほかの仲良しコンビとは異なる雰囲気を放っていて、一部のファンにとても面白がられているようです。また、オタクなふたりだからこそ、ファン心理に理解が深いという一面も持っています。現在ふたりは、ジャニーズらしからぬキャラクターでバラエティ番組での活躍の場を拡げていますが、もしテレビ番組などで共演する機会があれば、さらに注目を集めるのではないでしょうか。近い将来、ふたり揃って“ヲタ芸”などを披露してくれることを期待したいです」

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  14. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  17. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. テレビとギャップありなジャニーズ

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. テレビとギャップありなジャニーズ
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー