石川敏男の芸能デスクレポート

尾野真千子&山岸舞彩、結婚後もマスコミから見張られる!? 芸能界の“恋多き女”の法則

yamagishi_yamanokosi.jpg
『山岸舞彩1st写真集 3years 24→26』(小学館)

 “恋多き女”といわれた2人が相次いで結婚した。1人は女優の尾野真千子(33)、もう1人はフリーアナウンサーで『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のキャスターをしている山岸舞彩(28)だ。

 尾野が結婚したお相手は、EXILEらが所属する芸能事務所・LDHの専務を務める40代前半のスポーツマンタイプのイケメン。EXILEメンバーとの共演が多かった尾野は、そのドラマの打ち上げなどで、専務と顔を合わせる機会が自然と多くなり、昨年の秋に恋愛関係に発展したようだ。一方の山岸のお相手は、丸井の創業者の孫で、不動産管理会社の社長を務める38歳の男性。NHKの青井実アナウンサーの兄だという。山岸は9月いっぱいで『NEWS ZERO』を降板し、芸能界を引退するそうだ。2人に共通するところは“恋多き女”、そして“玉の輿”を選んだというところだろう。

 かつて尾野は、結婚秒読みといわれた俳優・高橋一生(34)との交際や、NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』で共演した星田英利(旧芸名・ほっしゃん。、43)との深夜の密会が取り沙汰された。尾野と星田は、手をつないでの相合い傘、また京都市内の喫茶店での逢瀬も目撃された。双方の事務所は「ただの友達」と否定したが、星田との報道が原因で、同棲中といわれた高橋との恋に終止符が打たれ、高橋は尾野のマンションから引っ越していったという。その3カ月後、再び2人の静岡・熱海へのドライブデートが写真週刊誌「フライデー」(講談社)に激写され、星田は別居中だった妻と正式に離婚することになってしまう。

 山岸も、数々の男性と浮名を流してきた。プロ野球の球団社長や一流野球選手、Jリーガーなどとうわさになった。昨年5月には、アイスホッケー選手・菊池秀治(28)と深夜の都内ファミリーレストランの駐車場で、約1時間にわたってキスや抱擁を繰り返していたと「週刊文春」(文藝春秋)に報じられた。2人は報道後、一度も会うことなく破局したというが、その半年後に出会った人が、結婚相手となる御曹司だったようだ。

 かつて広末涼子や、宮沢りえといった芸能界の“恋多き女”も皆、電撃結婚だった。そして結婚後もなにかと恋愛スキャンダルを巻き起こしてきた。晴れて結婚した尾野と山岸だが、芸能マスコミは今後も彼女たちから目が離せそうにない。

石川敏男(いしかわ・としお)
昭和21年11月10日生まれ。東京都出身。『ザ・ワイド』(日本テレビ系)の芸能デスク兼芸能リポーターとして活躍、現在は読売テレビ『す・またん』に出演中。 松竹宣伝部、『女性セブン』(小学館)『週刊女性』(主婦と生活社)の芸能記者から芸能レポーターへと転身。

山岸の乗り換え婚報告待ってる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク