[連載]そうだソルティー京都、行こう

京都・高雄で発見、本堂が閉まりっぱなしの謎の寺! “まんじりと見張られる”拝観体験

 京都は、世界屈指の観光地。そして女の憧れの地である。美味いもん食って、寺社を見て、お洒落して、勉強する。何でもかんでも「京都でする」のが女の憧れなのだ。女性誌はこぞって京都特集を組み、ガイド本や京都観光エッセイがボロボロ出版されている。確かに京都には歴史がある。名産品がある。美味がある……そして誰も取り上げないけれど「しょっぱい京都」もある。

 しかし京都のほんとうの魅力は、こういうソルティーなところにあるのだ。上品ぶっている女性誌では取り上げないほんとうの京都の姿を、しっかり焼き付けて欲しい。そうだソルティー京都、行こう。

【第29回 西明寺】

 2015年春、鳥獣戯画が東京にやってきた。著作権フリーなのがうれしいのか、最近注目されている鳥獣戯画がやってきたとあって、東京は大騒ぎ。入館するのに4時間待ちという大混雑だったとか。

 えっ4時間あれば直接高山寺に行って鳥獣戯画が見られるんじゃん? てことで行って参りました。東京から京都駅までのぞみで2時間半。京都駅からバスで1時間ほどで高雄へ。ほら、3時間半で高山寺のある高雄まで来られたよ。

 高雄は京都の北西にあり、閑静なお寺がどかーんどかーんと点在する優雅な場所である。ちょっとがんばるか車がある人は足を伸ばせば、北山杉がぞろっとシャキーンと生えているエリアも見られるらしい。

 で、この高雄には、すごそうなお寺が3つある。1つは、最澄や空海が関係しているという由緒正しい神護寺。そして鳥獣戯画の出身地であり国宝・重要文化財がごろごろある高山寺。そして桂昌院の寄進により再建されたという西明寺。三寺併せて「三尾の名刹」と呼ばれているそうな。風間三姉妹ですか。ここ高雄は紅葉の名所としても有名で、そこら中にもくもくと木が生い茂っている。確かにこれらが秋に全部真っ赤になったら大変な騒ぎだろうな。

 そんな風光明媚な高雄のお寺たち。だけどその中に、「あなただけのためにある」寺がある。三寺の真ん中にある、西明寺である。

qsyoumyouji01.jpg
こーんな美しい橋を渡って
qsyoumyouji02.jpg
階段を上ると西明寺の門
qsyoumyouji03.jpg
これが本堂

 長い階段を上ってたどり着くと、そこは静かなお寺である。静かすぎて、本堂もピシャリと門を閉じている。

qsyoumyouji04.jpg
閉まってます

 えーっと……まだ午後2時だし拝観時間内だと思うんだけど……。

qsyoumyouji05.jpg
なにか書いてある
(あ~もうテレビ見てたのに)という声が聞こえる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク