その他
【ジャニーズ研究会レポート】

V6岡田准一が“上質な変態”に育ったのは、剛健コンビの英才教育のおかげ!?

jokada03.jpg
こんな顔のきれいな「上質な変態」いる?

【ジャニーズ研究会より】

<ジャニタレ掲載誌チェック!!>

 「オリスタ」8月10日号(オリコン・エンタテインメント)では、デビュー20周年を記念したベストアルバム『SUPER Very best』をリリースしたV6を大特集。グラビアやインタビューはもちろん、ベスト盤に収録されている45曲のシングルそれぞれに関するメンバーの解説や思い出話、過去のオリスタに登場したときのショットなども掲載されておりボリュームも満点だ。

 V6といえばデビューから20年間、脱退などのメンバーチェンジがなく、コンスタントに活動を続けてきた稀有なグループ。その歴史の長さを「スタッフは10年前に来た人もいれば1年前に来た人もいて、20年、V6の音楽をずっと見てきているのって、もう自分たちしかいないんです」(井ノ原快彦)とメンバー自ら振り返っている。現在はそれぞれがキャスター業やバラエティ、映画などの映像や舞台と幅広い分野で一定の評価を得ている彼らだが、20年間の思い出話の中には、森田剛&三宅健の“剛健コンビ”が現在のジャニーズでは定番のシンメ(左右対称の立ち位置でダンスする)の走りであることなど、懐かしいネタも。デビュー当時はこの2人の人気が先行していたが、それについてメンバー内で不満が出ていたのかと思いきや「剛健がいれば大丈夫」「二枚看板だもん、ついていけばなんとかなるよ」と、他ならぬリーダーの坂本昌行が断言していたのだそう。

 インタビュー中、各メンバーが“デビュー当時から心の中に飼っている虫”を挙げあう流れになり……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  6. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  17. 『カウコン』意外な舞台裏
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー