ジェーン・バーキン、エルメスへ自身の名の使用中止を要求

ジェーン・バーキン(68)がエルメスのバッグ「バーキン」の改名を要求した。80年代にエルメスのジャン・ルイ・デュマ元CEOによりジェーンのためにデザインされたバッグが今ではジェーンの名を冠した「バーキン」として親しまれているが、同ブランドによるクロコダイルの取り扱い方が好ましくないとされたことを受け、今回ジェーン本人が自身の名を使用しないよう声明を出している。「私の名前を冠したエルメスバッグの製造過程におけるクロコダイルの殺し方に残酷な取扱いがあると注意が喚起されたことを受け、このバッグの製造過程に実施可能な国際的な基準に沿って改善が見られるまでの間、エルメスグループにバーキンの名を変更するよう要求しました」

6700ポンドから14万5000ポンド(約130万円から280万円)の価格帯で販売されている「バーキン」シリーズは、6年後まで予約リストがいっぱいとなっているほどの人気商品で、富のシンボルとして捉えられているのに加え、セレブの間でも広く愛用されている。

しかしながら、PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)がエルメスが提携している米テキサス州やジンバブエの企業がクロコダイルをコンクリートの穴に入れ、その後死に至るまで「残酷に切り刻む」という調査結果を最近公にするなど、わに皮を使用している「バーキン」はさまざまな動物愛護団体から痛烈な批判を受けていた。さらに、PETAはバーキンのバッグ1つに2、3匹のクロコダイルが使用されることを明らかにしており、同団体の設立者イングリッド・ニューカーク氏は「PETAが明らかにした残酷な方法でクロコダイルを畜殺し、工場式農場による皮によって作られたグロテスクなハンドバッグを製造しているエルメス社との関係を解消したジェーン・バーキンに対し、PETAは世界のすべての生命に代わって感謝します」「我々はエルメスへ対し野生生物を乱すこと、工場式農場でクロコダイルとアリゲーターを取り扱うこと、皮を目的とした畜殺を中止することを求めます」「かつてはバーキンのバッグが人々にとってセレブレティや富豪のステータスとしてされていましたが、今に誰もそれを持っている姿を見られたくなくなるでしょうし、そこで初めて動物愛護者たちは安堵のため息をつくことができるようになるのです」とコメントしている。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー