[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

国分太一の「おちんぽジャパン」!? 坂本昌行は脱セカンドバック! 平家派の猛暑ニュース

kokubuntaichi03.jpg
小学生に「半魚人」と間違えられた国分

 光GENJIのバックダンサーとして誕生した平家派。2008年の『ザ少年倶楽部プレミアム』(NHK BSプレミアム)で、TOKIO・城島茂、山口達也、国分太一、V6(20th Century)の坂本昌行、長野博、井ノ原快彦によって再結成された伝説のグループだ。今回もそんな6人に関する7月の動向・話題を振り返りたい。

★城島、デート報道&そば屋で「後継者ができた」とスカウトされる
 12日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、城島と国分が廃棄される食材を集めて料理を作る「0円食堂」のロケに出発。そば屋で切れ端をもらった城島は、お店のそば切り包丁を借りて切ることに。「DASH村」の経験から慣れた手つきを見せると、店主のお父さんは「後継者ができた」と笑みを浮かべた。城島特製「みたらしそば団子」のおいしさに「そば打ち、俺教えっから、これの作り方教えて」とお願いされるほどだった。

 また、24日付の東京スポーツが城島のお忍びデートを報道。城島は6月下旬、都内の隠れ家的和食レストランで「若い頃の君島十和子似」のアラサー美女とお食事デートを堪能。「黒シャツにヨレヨレの白ジャケット」「ややボサボサ頭」で芸能人オーラを消していたといい、白のミニワンピースを着た女性とのツーショット写真を一面で報じられた。同紙は美女について「クラブの水商売系か、元モデル」と分析。今年45歳を迎える城島だけに、ネット上では「リーダーに春が来た」「リーダー幸せになって」と祝福の嵐だった。

★「無人島の王者」山口、ハチ駆除も恐れず「フルセット着てやればすぐ」!
 5日放送の「DASH島」企画で、民家跡に蛇が出現。山口は沖縄でのハブ駆除体験を活かし、蛇を手でつかんで捕獲。「この子はなんだべ? アオダイショウか」と蛇の種類を特定すると、城島に「無人島の王者やと思う」と、その行動を絶賛されていた。

 26日のエンディングでは、スタッフが「DASH島」の舟屋の軒先にスズメバチの巣を発見。すぐさま「達也さん、ヤバイっす!」と慌てた様子で助けを求めると、山口は「この格好じゃちょっと無理だね。フルセット(防護服)着てやれば、たぶん今だったらすぐ(駆除)できる」と、険しい表情に。及び腰の松岡昌宏が「今できるの?」と尋ねると、「夏前だからまだそんな攻撃的ではないから。秋になったら……」と、スズメバチの習性を解説。すかさず「そういうことじゃなくて、(駆除が)できるの?」と驚く松岡に、経験済みの山口&城島は声を揃えて「できる、できる!」と自信満々に答えていた。今後のオンエアーに期待が高まる。

現役セカンドバッカーは残すところ村上のみか……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー