なぜか好感度は高いカップル

北川景子、『探偵の探偵』1ケタの苦境! 恋人・DAIGOのプラベ売りに「女優の格落とす」

2015tanteino.jpg
『探偵の探偵』(フジテレビ系)公式サイトより

 連続ドラマの視聴率不振により“夏枯れ”といわれる7月クール。現在放送中の『探偵の探偵』(フジテレビ系)で主演する北川景子もまた、苦戦を強いられているようだ。プライベートではロックバンド・BREAKERZのボーカルDAIGOとの結婚報道が取り沙汰され、オープンな交際を続けることで好感度が高いカップルだが、一部では「北川の女優生命に危険信号が出ている」との指摘もある。

 『探偵の探偵』は初回平均視聴率11.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と2ケタでスタートを切った。しかし2話は7.5%、3話と4話は8.7%と、いずれも1ケタ台に落ちこんでいる状況だ。ネット上では「内容以前に、演技がヘタ」と厳しい意見も散見される。

 一方で話題になったのが、初回放送の7月9日にDAIGOがTwitterで「22時からやるフジテレビのドラマ!おもしろそお!」と宣伝したこと。その後も毎回のように“応援ツイート”は投稿されており、23日には「探偵の探偵 第3話 このあとすぐ! 自分が出てるようなツイートしちゃう俺」という書き込みをしていた。

「2014年11月に熱愛が報じられた2人は、それぞれ交際を隠さずアピールするように。1月に行われたイベントに出席した北川は、報道陣から『DAIGOさんとの交際は事実ですよね?』という問い掛けに、『ありがとうございます』と笑顔で応じていました。さらに2月、エランドール賞の新人賞受賞時にも、自身の気持ちを『IH、アイムハッピーです』と、DAIGOが使用する略語ふうに回答。週刊誌に街中でイチャついている写真も撮られていました。ここまで交際をオープンにしているのは、やはり結婚を意識しているから。また自分たちのカップルが、世間に好印象を持たれていると知ったからでしょう」(芸能記者)

 DAIGOも、北川とのラブラブっぷりを感じさせる言動を繰り返している。今夏放送される『24時間テレビ38 愛は地球を救う』(日本テレビ系)のチャリティーマラソンランナーに決定しているDAIGOだが、出走日の8月22日は北川の誕生日。報道陣から「DAIGOにとってもおめでたい日ですけども」と振られると、「僕の中では偶然、重なったということですけど、最高のプレゼントになるんじゃないかなという人もいると思う」と笑顔を見せていた。

「微笑ましいエピソードではあるものの、この大掛かりな『プライベート売り』は、後々北川の女優としての格を落とすのではないか、という心配の声も出ています。山下智久との交際報道が取り沙汰されていた頃、北川は一切コメントしなかった。ところが一転、DAIGOに関しては『聞いてくれ』と言わんばかりの態度で、番宣にまでつなげてしまうやり取りは、少なからず北川の商品価値に変化を及ぼすこととなりそうです」(テレビ局関係者)

 ネット上では「北川がゴールで待ってる演出で、そのままプロポーズか」といった予想も少なくないが、話題作りよりも主演ドラマの巻き返しを優先してほしいものだ。

昔ペアヌード写真集まで出して別れたカップルがいたね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ムショ飯はうまいのか?
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!