ホリプロ高笑い!

「うちの女芸人じゃ、かなわない」芸能プロが頭を悩ます、バラエティに引っ張りだこの女優たち

omaenokachan.jpg
『お前の母ちゃんBitch!』/TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

「あの2人の出現は、芸能界の“女芸人枠”のパワーバランスを崩しかねないですよ。実際、ギャラも競合する女芸人たちとそう変わらないみたいですし、年末に向けて、ますますバラエティでの露出が増えそうです」(テレビ局関係者)

 今、バラエティ業界から熱視線を注がれている女優が2人いるという。それは、ホリプロに所属する鈴木砂羽と佐藤仁美。なぜ女優が、“畑違い”のバラエティで重宝されているのだろうか?

「これは2人の共通点でもあるのですが、トークがうまくて下ネタもOK、さらには酒豪という点がウケています。年齢は砂羽さんの方が7つ上なのですが、仁美さんは“おばさんキャラ”なので、砂羽さんに来たオファーを、仁美さんが受けることもあるようです。そのせいもあってか、仁美さんの方が勢いはありますね。砂羽さんももちろん人気ですが、離婚問題で少々勢いが落ち気味かもしれません」(バラエティ制作関係者)

 実際、この2人の活躍で、女芸人を擁するほかの事務所からは白旗宣言も出ているという。

「演技もできてトークもうまくて下ネタもOKでギャラも安いとなると、うちの女芸人たちじゃ太刀打ちできないですよ。おかげで最近はバラエティの枠が一枠減ってしまった。どうやら2人には、MCのオファーも来ているみたいですから、ホリプロさんは万々歳でしょうね」(芸能事務所関係者)

 特にこの2人の出現で割を食ったのが、北陽の虻川美穂子やまちゃまちゃ、鳥居みゆきらだという。

「ホリプロさんも、今は女優の仕事よりもバラエティを優先させてるようですよ。ただ、仁美さんへのオファーを砂羽さんが代わりに……ということはできないようなので、オファーを断らなくてはならない場合もあり、それが今の悩みの種なんだとか。とはいってもうれしい悲鳴でしょうけどね」(同)

 下半期のバラエティ業界を賑わすのは、この2人に間違いなさそうだ。

絶対あき竹城だと思ったのに!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  17. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー