仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

“非リア充”ホラン千秋と“リア充”田中みな実、2人の女に感じた同じ穴のムジナ

horanchjiaki.jpg
『ホラン千秋』(宝島社)

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「男につまらない話をされるより、海外ドラマを見てる方が全然いい」ホラン千秋
『今夜くらべてみました』(日本テレビ系、7月28日放送)

 「芸能界でキャラ被りは、ご法度」と『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で発言したのは、ウーマンラッシュアワーの村本大輔だが、飽和状態ともいえるハーフタレントの中で、ホラン千秋は“非リア充”路線を選択したらしい。

 休日はひきこもり。どこにも出かけずに、海外ドラマを見続け、男性と知り合うような場所に足を運ぶこともない――7月28日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、こう発言したホランを、番組MCのフットボールアワー・後藤輝基は、外に行けばもっと楽しいことあるかもしれないよ、と脱ひきこもりを勧め、ハーフタレント会で親交があるというアシスタントのSHELLYは「干物女」とからかうが、ホランは「海外ドラママラソンに挑戦している。自分との戦い」と聞く耳を持たない。

 休みの日にドラマを見ているくらいで、ひきこもり呼ばわりはどうかと思うが、それはさておき、ホランは毒舌にも重きを置き始めているようだ。同番組でも、例えば、「数カ月留学しただけなのに、海外かぶれして、カタカナを英語風に発音する人が許せない」「話題のスイーツを食べにいったことをブログに載せる際、パンケーキより、自分の顔の方がはるかに大きいのはなぜだ」と“リア充”女子を口撃して、笑いを誘う。

 10代で芸能界に入り、青山学院大学卒業後は『NEWS ZERO』(日本テレビ系)でキャスターを務め、現在タレント・女優業で人気を博しているという経歴とその容貌からすれば、ホランは十分リア充側の資質を持っていると言える。だからこそ、ビジネス上の選択として、あえて非リア充のキャラを選んで、意外性と親近感を演出しているとも考えられるが、「男につまらない話をされるより、海外ドラマを見てる方が全然いい」という発言から、ホランは性質として非リア充的要素を持っているように、私には感じられた。その非リア充的性質とは、「人の話をよく聞く」こと。ホランが、男性の話がつまらないと感じるのは、それだけ男性の話をよく聞いている、という証拠なのだ。

 人の話をよく聞くのが、なぜ非リア充の要素なのか。それを考えるとき、てっとり早いのが、リア充との比較である。ホランと同じ大学出身で、リア充が集うテニスサークルの中で「あの子は別格」と周囲に言わしめたリア充中のリア充・田中みな実と比べてみると、ホランの非リア充ぶりがよくわかる。

ウエンツ瑛士の「痔告白」以上の非リアハーフエピはない

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  3. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  4. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  5. 三代目JSB・山下の恋人にファン大混乱
  6. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  7. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  8. “○○が面倒くさい”芸能人
  9. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  10. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  11. 「タウリン配合」はまったく意味ナシ!
  12. 丸山の繊細なブログにファンも心配
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  15. 栄養ドリンクで疲労は一切とれない
  16. 清水富美加に教えたかったこと
  17. 「親の弱さを知る」意味
  18. 男性保育士問題へのリアルな本音
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. T-ara、日本公演が「空席祭り」危機

ジャニーズの人気記事

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  3. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  4. 近藤真彦「嵐派だから」と軽口発言
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  2. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  3. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  4. M・タイソン、ブラピに妻を寝取られた過去
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!