パクリ企画連発で芸人を酷使……『27時間テレビ』の“本気”から見る「フジテレビの重症度」

27jikan0713.JPG
フジテレビ公式サイトより

 今年も恒例の『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系/25日18時30分~翌21時54分)が生放送を終え、全平均視聴率10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。昨年の13.1%を下回り、過去10年間で2013年の9.8%に続く低調となった。

 「本気になれなきゃテレビじゃない」とのスローガンを掲げた今年は、ナインティナイン・岡村隆史扮するオリジナルキャラ「ホンキーマン」を象徴として据えたほか、出演者の多くが「NO FUN NO TV DO HONKY」と書かれたTシャツを着用するなど、とにかく本気を全面に押し出していたが、あるテレビ誌記者は「フジが提示した本気に、首を傾げっぱなしだった」と話す。

「『テレビの時代はもう終わり?…でも俺、本気出しちゃいます』と、大それたキャッチコピーを掲げた同番組ですが、放送が終わってみると、フジの本気とは、制作側が本気で企画を考えることではなく、パクリと焼き直しだらけの企画の中で、芸人らに無理をさせることでした」(テレビ誌記者)

 今年は、27時間通し企画として、オアシズ・大久保佳代子による「88kmマラソン」と、たんぽぽ・白鳥久美子の「バンジーでギネスに挑戦」を放送。マラソンは、明らかに『24時間テレビ』(日本テレビ系)のパロディ企画であり、バンジージャンプは『世界の果てまでイッテQ!』(同)を彷彿とさせる企画。その上、大久保は88kmを涙ながらに完走したにもかかわらず、なぜか中継シーンが著しく少なく、ネット上で「本当に走ってるの?」との疑念の声が相次ぐ始末。さらに、白鳥は10回連続で飛んだ26日午前6時すぎの時点で脳震とうを起こし、ドクターストップに。ひとつ間違えれば、取り返しのつかない事態を招いていたであろう危険な挑戦だった上に、特に盛り上がりもなく“企画倒れ”と言わざるを得ない。

 また、目玉企画のひとつであった明石家さんまと還暦芸能人たちの体力測定企画は、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の定番企画と酷似。ちびっこによるダンスバトル「ホンキーダンス選手権」は、『24時間テレビ』恒例の「高校生ダンス甲子園」の焼き直しとしか思えない。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  3. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  4. “○○が面倒くさい”芸能人
  5. 三代目JSB・山下の恋人にファン大混乱
  6. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  7. 「タウリン配合」はまったく意味ナシ!
  8. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  9. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  10. 清水富美加に教えたかったこと
  11. 「親の弱さを知る」意味
  12. 男性保育士問題へのリアルな本音
  13. 丸山の繊細なブログにファンも心配
  14. T-ara、日本公演が「空席祭り」危機
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  17. 女子アナ、全裸ベッド写真流出?
  18. 吉高、関ジャニ・大倉の“匂わせ”発言
  19. 近藤真彦「嵐派だから」と軽口発言
  20. 近藤真彦のSMAPコメント猛スカン

ジャニーズの人気記事

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  3. 吉高、関ジャニ・大倉の“匂わせ”発言
  4. 近藤真彦「嵐派だから」と軽口発言
  5. 近藤真彦のSMAPコメント猛スカン

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  5. 「子どもを勝手につくらないで!」夫を“父親代わり”にする義姉&娘の狂った言い分

海外ゴシップの人気記事

  1. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  2. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  3. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  4. アデルの失言も! グラミー賞ハイライト
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと