[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

『嵐にしやがれ』、7.0%の最低記録! 『イッテQ!』路線リニューアルも視聴率は苦境?

arashi-all01.jpg
やはり嵐に数字を期待してはいけないのか……

 4月11日の放送から番組内容がリニューアルした嵐のレギュラー番組『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)。初回放送は視聴率13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、順調な滑り出しを見せていたが、7月18日の放送では最低記録を更新してしまった。

 2010年4月にスタートした『嵐にしやがれ』は、ゲストと5人がトークを展開していく形式だったが、今春からは「世の中のどうでもいい真実を嵐が体を張って解き明かす!」というコンセプトに。櫻井翔が変装して旅に出掛け、周囲にバレたら“撤収”となる「ニッポン再発見!櫻井翔のお忍び旅行」など、多忙なメンバーがロケに出向くというスタイルにシフトチェンジした。リニューアル後の同番組は『世界の果てまでイッテQ!』『月曜から夜ふかし』(同)などの演出を手がける古立善之氏が担当しており、嵐メンバーの新たな魅力を引き出している。

「嵐ファンからは『「しやがれ」リニューアルしてよかった』『リニューアル後は嵐の可愛いとことか、いろんな表情を見せてくれるから楽しみ』などと、好意的な反応が多いようです。ただ、個人企画は面白いものとつまらないVTRの差が激しいようで、一部ファンからは『最近の「しやがれ」面白くない』『1人ロケじゃ嵐の良さが出ない』との不満も出ています」(ジャニーズに詳しい記者)

 番組の視聴率は、4月18日の通常放送で9.3%に下落。新曲「青空の下、キミのとなり」を披露した5月16日の放送は12.9%と盛り返したものの、30日には7.6%に大幅ダウン。7月に入ってからは宮崎あおいがゲスト出演した11日が11.1%で、森星が登場した18日には7.0%を記録。リニューアル後の最低記録となってしまった。

「18日は、裏が強かったことも敗因でしょう。SMAP・木村拓哉主演映画『HERO』の特番『HERO THE TV』(フジテレビ系)が12.2%、『アメトーークSP 高校野球大好き芸人』(テレビ朝日系)が14.6%と、それぞれ高視聴率を獲得しています。また、前の時間帯に放送されている松山ケンイチ主演のドラマ『ど根性ガエル』が8.5%しか獲れてなかったのも、『嵐にしやがれ』がコケた理由と考えられます」(同)

 一方、5人のレギュラー『VS嵐』(フジテレビ系)は、視聴率が回復傾向に。同番組は4月から前枠に『みんなのニュース』(午後3時50分~6時57分)がスタートして以降、みるみるうちに転落。午後7時台かつ家族そろって見られる内容だけに、安定して10%前後を獲るフジの看板番組だったが、AKB48・渡辺麻友らを招いた4月16日には7.7%を記録。6時台の『みんなのニュース』が3.4%だった同30日は『VS嵐』も7.0%にまで下がっていた。これ以外にも春からは通常放送で9%台が続出していたものの、7月16日に10.6%、23日は10.3%と、およそ4カ月ぶりの2週連続2ケタをキープしている。

 リニューアル後、視聴率は好調とはいえない『嵐にしやがれ』だが、8月1日の放送には後輩・Hey!Say!JUMPから中島裕翔、岡本圭人、高木雄也、伊野尾慧、薮宏太の5人がゲストで登場するという。こちらの視聴率にも注目が集まる。

「This is MJ」は近年まれに見る正解

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク