今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

浮気疑惑の夫・吉田栄作よりまずかった、平子理沙のダンマリ会見の痛手とは

2015hirakori.jpg
加齢に立ち向かうアスリートももはやこれまでか……

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎禁じられた「年相応」
「CM会見で夫・吉田栄作の浮気疑惑にダンマリ」というところばかり報道されていた平子理沙であるが。そんなことより、いつの間にか「年相応」になっててしみじみ。こういう場所で加工なしの動画で見ると、口の周りにマリオネットラインががっつり。

 先日美容クリニックの発表会で、「ここだけの話ですが」って聞いた医者の話によると、ヒアルロンだのボトックスだの、ぷるぷるを目指して「入れる系」の施術を長く続けていると、張りは出るが、本来シワができるはずのところが段々置いてきぼりになって、ほかの部位の厚みばかり増えていくらしい。無理矢理入れたハリが、加齢で支えきれなくなり、やがて「不自然」へ真っ逆さま。叶姉妹なんかを見ると、なるほど納得。張ってるけどデッコボコ。

 好きなだけ画像を加工できるSNSや雑誌のノリで、細工ゼロの動画で撮られる場に出ると、こうして腹話術人形状態が剥き身で晒されることに。平子理沙が会見の場に出る機会は、これから徐々に減ってゆくのかもしれないな。栄作の件抜きで。

◎性癖も明らかに
 ストーカー被害に遭っていたウーマンラッシュアワー・村本大輔。本人もこれ「ネタになるまで粘ってみるか」という気持ちが当初はあったと思うのだが。ドキュメンタリー系自虐話を最も得意とする芸風の彼でさえ、逃げ出すレベルの恐怖があったということか。「もっとすごい話があるんでラジオで」か。「引」は「笑」に変えられるのか。あと、「ファンの素人女性に手を付ける」という基本スタンスは今後も続けるのだろうか。芸風と命の狭間で……。

◎名もなき稼業
 「腹の子が夫の子ではない」という体のドッキリを嬉々として演じたフジモン(FUJIWARA・藤本敏史)&木下優樹菜。うちらの生業はお笑い。笑わせてナンボの仕事だし、笑いのためなら魂も売るぜ! そんな見方もできるのかもしれないが、この2人を見てるとどうも。「笑い」ではなく、「アンチを怒らせる」のが生業って気がしてならない。実際、収入元のほとんどはそこ由来だろうし。ラクでいいよなとは思うが、じゃあやりたいかと問われるとちょっと。世の中にはいろんな仕事があるんだな。職業に貴賤はない。

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク