[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

中山優馬、新曲売り上げ0.9万枚で惨敗……主演舞台も「全体練習が1日半だけ」の苦境

yuma_star.jpg
でもちゃんと「とんがりコーン」は買ってるよ!

 7月15日に発売された中山優馬のニューシングル「とことん Got It!」が、週間CDシングルランキングで15位に初登場した。推定売り上げ枚数は約0.9万枚と、ジャニーズタレントにしては異例の初動1万枚割れとなった。

 2012年に初のソロシングル「Missing Piece」をリリースした中山。同曲は主演を務めた深夜ドラマ『Piece』(日本テレビ系)の主題歌で、デイリーランキングでは1万4,749枚を記録。関西Jr.を駆り出した「発売記念イベント」も開催し、週間ランキングでは初登場2位、初動売り上げは4.5万枚となった。その後のシングル「High Five」「Get Up!」でもCD購入者イベントを開催し、それぞれ初動3.4万枚を記録。こうした購入者イベントなしで臨んだ4月発売の「YOLO moment」は初動2.2万枚と売り上げが落ち込んだが、今作では早くも1万枚を切る事態となってしまった。

「『High Five』では、CD購入者イベントを東京と大阪で実施し、『Get Up!』でも握手会イベントを広島や群馬のイオンモールなどで開催しました。また、その『Get Up!』は11月発売のアルバム『Chapter 1』と連動して“応募者全員招待”という異例のスペシャルイベントも行っています。こうしたイベントでCD売り上げの増加を図っていただけに、正攻法では厳しいことになってしまったようですね」(ジャニーズに詳しい記者)

 ソロ活動をしているジャニーズで初週売り上げが1万枚を下回ったのは、近藤真彦が昨年2月にリリースした「千年恋慕」の5,003枚。近藤よりは売り上げが上回ったものの、わずか3年で売り上げが4万枚から1万枚へ低下した衝撃は強いだろう。

「中山は8月16日からの主演舞台『ドリアン・グレイの肖像』が控えており、9月にも東京・帝国劇場で『DREAM BOYS』の初主演を務めます。舞台が続くことで、ファンの懐事情も苦しいことになっているのかもしれません。また、7月15日には都内のジャニーズファミリークラブで中山は映像収録を行いましたが、『DREAM BOYS』について、集まったファンに『全体練習が1日半しかできない』とボヤいていたとか」(同)

 これに一部のジャニーズファンからは「ドリボは1日半でできるレベルに下がったのか」「伝統ある舞台なんだからしっかり仕上げて」などと、批判的な声が噴出。稽古時間が組めないほどの厳しいスケジュールは事務所の問題だが、ジャニー喜多川社長の“ゴリ推し”というイメージもついて回る中山だけに、非難の対象となってしまったようだ。この暗雲立ち込める雰囲気を、舞台などのパフォーマンスを通じて盛り返してほしいものだが……。

でた~、ドリボ原理主義者のお小言!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク