[ジャニーズ・メディアの裏側]

Sexy Zone・中島健人、日テレ“ジャニーズドラマ”枠の復活作に主演! ドS男子高生に挑戦

kenntotto.jpg
中島健人×学園ラブコメでラブホリ度は計測不可能に

 8月に、AKB48グループのメンバーが出演する『マジすか学園5』の1話&2話(全10話はHuluにて独占配信)が地上波プレミアムで放送されると発表された、日本テレビ系の土曜深夜枠だが、10月からはSexy Zone・中島健人の主演ドラマの放送が決定したという。1月クールには、AKB48のバラエティ『AKB48 旅少女』が放映され、ドラマは撤廃されたとみられていた同枠だが、この秋より再び“ジャニーズドラマ枠”となるようだ。

「同枠は2012年スタートの『私立バカレア高校』から、ジャニーズタレントの主演ドラマが放送されており、ファンの間では“バカレア枠”とも呼ばれていました。今年1月の改変で、一時的にバラエティ番組が放送されることになりましたが、今年春頃から、再びジャニーズ主演作が放送されるという説が、ネット上でささやかれるようになりました」(芸能ライター)

 ところが今季7月、一部媒体による“フライング”で、『マジすか』の最新作が放送されることが明らかになった。

「6日発売の『週刊プレイボーイ』(集英社)が、HKT48・宮脇咲良のプロフィール欄に“日テレ系のマジすか最新作で主演”と、先走って掲載してしまいました。現在日テレは、特にドラマの情報解禁には非常に慎重になっているだけに、日テレ関係者は相当おかんむりでしたね」(週刊誌編集者)

 こうした紆余曲折があって、ジャニーズファンはさぞ落胆していただろうが、10月から放送されることとなった中島の主演作は、原作付きの学園ラブコメだという。

「少女マンガ雑誌『別冊フレンド』(講談社)で連載されている『黒崎くんの言いなりになんてならない』という作品で、中島は主人公である通称“黒悪魔”と呼ばれるドS男子高生を演じることに。共演は、映画版『近キョリ恋愛』で山下智久の相手役を務めた小松菜奈で、『バカレア』のようにAKB48メンバーとの共演はなさそうです。また映画化も連動しており、放送期間中には詳細が発表される可能性が高い。この放送枠は、引き続きジャニーズ主演の作品が放送される予定で、来年にはKis‐My‐Ft2メンバーの主演作で調整されています」(同)

 中島は8月に、「2015ワールドカップバレー」の公式ナビゲーター、またA.B.C‐Zとのコラボイベント『Summer Paradise』も控えているとあり、ファンにとっては期待に胸が膨らむ下半期となりそうだ。

ジャニオタの期待を背負い込んで、先輩が今ラブホリックに輝く

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  18. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー