関ジャニ∞・横山裕、その人気の源は? 気配り上手な苦労人の魅力を探る

20140410johnnys.jpg

【リアルサウンドより】

 関ジャニ∞の全国イベント『関ジャニ∞リサイタル お前のハートをつかんだる!』が、7月18日よりスタートした。自主レーベルであるINFINITY RECORDS(インフィニティ・レコーズ)のオフィシャルウェブサイトも、読み込み画面が初日の兵庫バージョンにデザイン変更されるなど、お祭りムード。さらに、8月5日に発売される最新シングル『前向きスクリーム』のMVも解禁されたばかり。盆踊り会場で、メンバーとひょっとこお麺をした群集が踊りまくり、夏を盛り上げてくれる一曲になりそうだ。

 関ジャニ∞といえば、持ち前の明るさがグループのカラーになっているが、現在に至るまでには数々の苦労があったことでも有名。なかでも、横山裕は幼少期の貧乏エピソードなどを披露して、笑いを誘うのが得意だ。いわば黒歴史を笑いに変える力を持つ横山。そんな彼の魅力を今一度振り返ってみたい。

 ジャニーズ入りする前からバイトで家計を支え、Jr.時代には建設会社に就職もしていたという横山。ファンをはじめとする周囲の目を意識して、作業着から私服に着替えてレッスン場へ出入りしていたという話がある。人がどのように見ているのかということを、第一に考える気遣いの人なのだ。

 また、本名の「横山侯隆(きみたか)」という名前を「難しくて読めない」と、ジャニー喜多川社長が指摘。「youは今日から“裕”ね」と名づけた話が度々紹介されることも。ジャニーズとしては唯一の芸名であるにも関わらず、素直に受け入れているのも、自分のことより、周りに気を配れる彼ならではのことかもしれない。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  15. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  18. ムショ飯はうまいのか?
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!