仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

“結婚できない男”千原ジュニアが気をつけるべき、YOUという異性の相談相手

chihara_jr_book.jpg
『千原ジュニアの題と解 O型編』(太田出版)

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「YOUさんのGOが出れば、この人と結婚して間違いないってこと」千原ジュニア
『ウチくる!?』(フジテレビ系、7月12日放送)

 バラエティ番組で、独身の男性芸能人を「結婚できない」とくくる特集を見ることが時々ある。仕事ができ、収入も十分。見た目も悪くない彼らが独身なのは、「病的とも思える細かさのせい」という流れが定説で、現在41歳のお笑い芸人・千原ジュニアもこの条件を満たす1人である。

 ジュニアといえば、過去に女優やモデルなどきれいどころと浮名を流したが、成就しなかった。週刊誌に、某女優との破局原因を彼女の家事能力の低さに我慢ができなかったからと報じられ、また千原自身がバラエティ番組で、某モデルとの破局について、彼女から提案された交換日記が苦痛でたまらなかったとも明かしている。

 ほかにも、自宅に泊まった女性が、化粧品の試供品のきれっぱしを洗面所の排水溝に落として詰まらせたことに対して、「ありえへん! 普通気づくやろ!」と激昂したり、「テレビ見ないので、あなたのこと知らないんですっていう女性はダメ」と語るなど、ジュニアの性格の細かさはなかなかのものである。ジュニアと懇意の後輩は、「ジュニアさんが完璧だから、相手の女性にも完璧を求めてしまう」と分析していたが、完璧主義者であることは間違いないだろう。

 ジュニアのような完璧主義者にとって、結婚はリスクの大きすぎる賭けである。まず、世間をあっと言わせ、かつ好感をもたれるような相手を選ばなくてはいけない。せっかく結婚したからには、独身時より充実した結婚生活を送らなくてはならず、離婚は“失敗”以外の何物でもない。このように考えすぎる人は、“失敗”を避けるため、誰かのお墨付きを必要とするという特徴があるのではないだろうか。

 オンナのことは、オンナに聞くのが一番と思うからだろう、ジュニアはその“審判”を、タレントのYOUに託したようだ。YOUは芸人との交流が活発なことで知られているが、ジュニアがバイク事故で大ケガをし、モノが食べられないときに、「緑色のドロドロのもの」を差し入れてくれたそうだ。ケガで歯をなくしたジュニアが食べやすいように、いろいろな食べ物をミキサーにかけてくれたため見た目は悪かったが、味はおいしく、その心遣いに感謝していると、ジュニアがバラエティ番組で話していたことがある。『ウチくる!?』(フジテレビ系)でのジュニアの「YOUさんのGOが出れば、この人と結婚して間違いないってこと」という言葉からもわかる通り、かなり信頼を寄せているのだろう。

確かにYOUはオールウェイズ女の目をしてる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 新春ジャニオタ放談
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー