噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第274回】

「交際反対」神田愛花・母に、バナナマン・日村勇紀・母が応戦!? 「結婚絶対ない」宣言

himura.jpg
「女性自身」7月28日号(光文社)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 気になる情報が。紛争地などでの取材に定評のあるジャーナリストの安田純平氏がシリアで拘束されたのではないかといわれている。しかし政府官邸は「確認していない」「情報は入っていません」と知らぬ存ぜぬを決めている。大手マスコミもこれを報じてはいない。先頃のイスラム国人質事件の経緯と同様、自国民を守る姿勢があまりに希薄で冷淡な反応だが、今後の情報、推移を注視したい。

第274回(7/10~14発売号より)
1位「バナナマン日村勇紀 “息子溺愛”の実母が本誌に激白…『“あんな女”と結婚は…絶対なし!!』(「女性自身」7月28日号)
2位「ビッグダディ 次男熱志が明かす(秘)真実――『“母親失格”美奈子は今も許せない!』」(「女性自身」7月28日号)
3位「安保法制で米軍のために病院から締め出される日」(「週刊女性」7月28日号)

 あのカップルがまったく“らしくない”お家柄名家騒動(?)を巻き起こした。バナナマン・日村勇紀と神田愛花アナウンサーだ。

 思えば2人の交際が発覚したのは今年4月の「フライデー」(講談社)だった。当初、世の中は「妙なカップルだな」といった程度の感想だったはずだ。だから、どうした!? と。しかし、その後の2人は交際を見せびらかすかのような言動を続けた。もっと見て! もっと注目して! と。もちろんそれは神田の方が顕著だった。元NHKのアナウンサーだった過去が嘘のように。

 そもそも「フライデー」された当日、神田はTwitterにこうつぶやいている。「おはようございます! 今日は朝からお騒がせして申し訳ありません。今日も1日、全力で頑張ります!!」。前向きというか、はしゃいでいるような。

 そして7月4日、神田はこれまでになく最大の爆弾を落とした。『躍る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、母親から交際を大反対されているというのだ。その理由が高学歴でなく、生まれつきのお金持ちでない。しかも、見た目が速水もこみちのようではない――。おいおい。どこの馬の骨ともわからないブサイクな男と言ってるに等しいが、案の定ネットでは大炎上となった。もちろん、公共の電波でこき下ろされた形の日村への同情だ。

 ところが、さらなる爆弾が投下された。それを放ったのが「自身」である。神田母の交際反対を受けて、「自身」は日村の母親の元に向かった。自分の息子を、家柄をこき下ろされて、どう思っているのか聞くためだ。だが、日村ママはすごかった。神田ママ以上に。

洗脳と教育は相性よすぎて危険度高し

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. キムタクは「がんばっちゃう男」である

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー