「我慢しとけよ」とのたまう男も!? なんとかしたい“セックス中の痛み”回避策

 本気も遊びも含めて、恋が活性化する夏まで後少し。イベント事が多く、自然とテンションが高まる分、Hも楽しくなる季節ですよね。でも、一切の心配事なく、心の底からSEXを楽しめている女の子はどれくらいいるでしょう? 後先関係ないワンナイトラブならいいけれど、今後を考えたい相手の場合は、さっさとナイーブな問題は解決しておきたいもの。そこで、今回は多くの女の子が抱える『痛み』に関するお悩みの解決法をご紹介します。

お悩み①
「SEXは嫌いじゃないけど、彼氏の動きが激しくて時々痛みを感じます。彼氏のことは愛してるから……傷つけずに『痛い』って伝える方法ってないですか? (みな・23歳)」

 まず知っておきたいのは、『痛み』に関する男女の認識は違うということ。実は、女の子に「痛い」と言われた時、特に若い男の子の場合、「特に気にしてない」「一瞬動きが止まったりはするけど、続けちゃう」という声が多いのです。中には「どーせ気持ちよくなるんだから、我慢しとけよって思う」と強気な発言をする男の子も。こういった意見も聞いていると、「女の子の痛みを男の子は全然わかってないなー」とつくづく感じます。でも、AVなどの影響を受け「激しいSEX=気持ちいいSEX」と思い込んでいる男の子が多いのも事実なので、「察して……」という考えははっきり言って甘いとしか言いようがありません。そして、「大好きな人を傷つけたくないから、私が我慢すればいい」という考えも浅はかすぎます。SEXには、相手を思いやる優しさが必要不可欠です。しかし、痛みを我慢することは、優しさでも何でもありません。言いましょう!!

 「前戯は激しくしてナンボ」と勘違いした男の子が膣内で指を動かしすぎた結果、膣が傷ついて出血し、感染症を引き起こしてしまったという話を聞いたことがあります。また、彼氏の自分勝手なピストン運動がいつしか苦痛に代わり、SEX自体に嫌悪感を抱くようになってしまったという女の子も。彼女たちのように、我慢したことで新たな悩みを生み出すことのないよう、「痛い」と感じた時はきちんと伝えることが重要なのです。

 ポイントは“言い方”。当たり前ですが、テンション低くorキレながら「痛い」と言われたら、今度は男の子のほうが「ショックで勃たなくなった……」という事態になりかねず、負の連鎖を呼んでしまいます。

 最中に勢いづいた相手を止めるのは至難の技かもしれませんが、例えば正常位なら、相手の腕をギュッと掴み、甘えモードで「ちょっと待って……」と言い、相手が気付いたらすかさず「ゆっくり動くのが気持ちいいの」と前向きなオーダーをしてみたり。「自分の気持ちいいことを伝えてくれる積極的な子大歓迎!」という男の子は多いですよ。

 また、SEX後のピロートークタイムを有効活用するのも賢い手。“SEX反省会”を行うカップルもいるほど、素直な感情を伝えやすい時なのです。相手の賢者タイムが落ち着いてきた頃に、「生理が近いのかな? いつもはそんなことないのに、ちょっと痛かったの」「なんか最近、体調があんまりよくないみたい。アソコが敏感になってるのか、ちょっと痛かった」など、一方的に責める形ではなく『自分のせいかもしれないけど』という一言を付け加えると伝えやすいですね。

 もちろん、行為中に思わず「痛い!」と叫んでしまうこともあるとは思いますが、それだけ雑なSEXをする男の子には、お灸を据える意味で素直な感情を知らしめることも大事です。

 どちらにしても、2人が愛で結ばれているのなら、相手の態度に変化が現れるはずです。あなたが痛みを感じることなく、お互いに気持ちよくなれるように、思いやりのあるSEXで楽しませてくれるでしょう。

 一番困るのは、それでも痛みを感じてしまう場合です。

お悩み②
「彼氏のSEXはとても優しいのですが……。アレが大きすぎて、挿入中に痛くなっちゃうことがあります。どうすればいいでしょうか? (カンナ・26歳)」

 始めに言っておきたいのが、女性の膣はとても柔軟な筋肉でできていて伸縮性があります。出産時のことを考えれば納得できますよね? だから、「私の膣がキツくて、彼氏のペニスが大きいから痛い」という認識は正しいとは言えません。膣の筋肉は、自然とペニスの大きさに慣れて対応できるようになっているのです。

 挿入中に痛くなってしまうということは、充分に濡れていない可能性があります。まずは相手に「挿れると痛い」と伝え、前戯でじっくり濡らしてもらうことからスタートしましょう。雰囲気を大切にした愛情たっぷりの丁寧な前戯なら、心身ともにリラックスするため、濡れやすくなります。体質的に濡れにくいのであれば、ローションを使うこともおすすめ。

 そして、ペニスの大きな男の子にありがちな「大きいから、それでガンガンつけば気持ちいい」という勘違いも大問題。とくに挿入直後は、よりゆっくり動いてもらいましょう。セックスセラピスト・アダム徳永先生が『スローSEX』を提唱して信者を得ていたり、挿入して抱き合ったまま腰を動かさない『ポリネシアンSEX』が存在し、支持する人もいるということは、必ずしも“ピストン運動=快感を呼ぶ行為”とは言えないのです。

 とはいえ、挿入時間の経過とともに徐々に痛みを感じてしまうことも多いので、絶倫(または遅漏)気味な相手の場合、前戯(すなわちフェラチオや手コキ)でイキやすくしておくことも重要。強く刺激しないとイケないという男の子は、ジャンクな自慰行為を重ねすぎた結果かもしれません。その場合、何でも話し合える密な関係性を築かないと難しいですが……ひとりHを極力我慢して、イキやすい状態で臨んでもらいたいところですね。

 また、膣には伸縮性があるとはいえ、膣口よりもペニスがかなり大きいと、挿入自体が困難なうえ、やはり挿入時に女の子が痛みを感じてしまうこともあります。この問題に関しては、太さ、長さ、曲がり具合、勃起角度などペニスの形は十人十色なので、「○○度で挿入してください」と一概には言えません。2人でじっくり痛みを感じない角度を研究してみるしかないですね。ちなみにですが、『挿入時はゆっくり&優しく』は大前提ですよ。

 それともうひとつ。どんな手順を踏んでも、膣の奥を突かれると痛い&激痛が走るという場合は、婦人科系の病気を疑ったほうがいいかもしれません。

 気持ちよくて楽しいSEXを実現するためには、ある程度のテクニックは必要です。でも、それ以上に大切なのが“思いやり”。テクニックを向上させるのは簡単ではないけれど、思いやりを持つことは簡単ですよね。だから、痛みを我慢してSEXしている女の子は、身体や心を壊す前に、早く相手に伝えましょう。伝えることも思いやりなのです! もちろん、本来は、男の子が自ら女の子の『痛み』に気づくべきですが……。

※お悩みは、身体のコンプレックスでもSEXのテクニックでも、恋愛がらみの不安でも男の子の本音についてでも、性にまつわることなら何でもOK。下記応募フォームより募集しています!

■多部千春/エディター&ライターとして、女性誌を中心に活動中。ファッション・ビューティーから読み物まで、官能に関連した企画に携わることが多々あり。SEX取材をした10〜30代の読者は延べ2000人以上!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「我慢しとけよ」とのたまう男も!? なんとかしたい“セックス中の痛み”回避策のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 消えた“朝ドラヒロイン”女優はいま
  2. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  3. 消えたタレント料理人たちは今
  4. 神格化に疑問を感じる大物芸人は?
  5. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  6. イソフラボン配合はまやかし?
  7. 自称「女に嫉妬される」婚外恋愛女性
  8. デブのおばさん人気風俗嬢になったわけ
  9. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  10. プウ美ねえさん流体重キープ術
  11. “クビ寸前”野球選手の女子アナ妻
  12. 消えた女芸人・アジアン隅田美保は今
  13. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  14. 渡辺麻友の発言が報道NGのドタバタ劇
  15. 平愛梨&祐奈、姉妹揃ってアンチ急増
  16. 消えた人気女性アスリートは今
  17. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  18. “クズすぎる男性タレント”暴露
  19. 田中萌アナ、同僚から「珍獣扱い」
  20. 王道体位から刺激的体位、足ピンオナニー常習者まで…みんなが気持ちいいクンニ体位4選!

ジャニーズの人気記事

  1. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  2. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  3. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋
  4. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  5. 『VS嵐』女子アナ出演で炎上

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  3. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 毒母問題の一因は、母を崇高化すること

海外ゴシップの人気記事

  1. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  2. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  5. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参