そもそも清純派だったの?

波瑠、坂口健太郎とは“略奪愛”だった!? 「口封じのためスタッフ解雇」の傍若無人ぶり

2015haru.jpg
波瑠オフィシャルブログより

 男性誌専属モデル、そして最近は俳優として人気急上昇中の坂口健太郎との交際が報じられた波瑠。秋からスタートするNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』では主演が控えており、初の朝ドラヒロインの座だけでなく恋人をも射止めていたと伝えられたが、2人が交際に至るまでにはちょっとした“事件”が勃発していたという。清純派女優として知られる波瑠だが、その意外な素顔には、関係者も驚きを隠せないようだ。

 両者の交際は7月10日付の「スポーツ報知」で明らかに。同紙一面で「朝ドラ次期ヒロイン熱愛」と報じられ、双方ともにモデルの仕事を行っていることから、意気投合したとみられるという。なお、双方の所属事務所はこの報道を完全に否定している。

 波瑠はデビュー当初より、女優と平行してファッション誌のモデル業も行っており、今年3月までは女性誌『non‐no』(集英社)の専属モデルを務めていた。一方の坂口も『MEN’S NON‐NO』専属で、“パーフェクトイケメン”と称される人気モデル。小栗旬の所属事務所の後輩で、昨年の俳優デビューから、早くも今年は6本の映画に出演することになっている。

「交際の記事を読んで、別の意味で驚きましたね。具体的な交際の証拠はほとんどなく、ただ単純に『次期朝ドラヒロインに彼氏がいた』というだけの内容。あえて記事にしなかったのかどうかは定かではないものの、交際が始まるきっかけは、波瑠が坂口に対して猛アプローチを仕掛けたからですよ」(情報番組スタッフ)

 清純派女優が、実は肉食だった――これだけでもファンにはショックかもしれないが、波瑠は坂口を落とすべく、こんな“策略”を展開したという。

「同じ出版社の専属モデル同士で共通の知人も多かっただけに、波瑠は『non‐no』に携わっている身内スタッフに『何とかして彼を飲み会に誘いだして』と命令。そのとき、坂口には別の交際相手もいたのですが、そんなことはお構いなしでした。そして波瑠のアプローチが実ったのか、飲み会から程なくして2人が交際を始めたことは周知の事実となりましたが、驚きなのはこの後の波瑠の行動。なんとこの飲み会のセッティングに関わったスタッフを、口封じと言わんばかりに全員を解雇してしまったんです」(同)

 欲しいものを手に入れるためには、不当解雇や略奪をもいとわない波瑠の驚きの行動だが、「波瑠は過去にも、こういった男女間のキナ臭いうわさが出回っていたことがありました。事務所が交際を否定したのも、もう坂口のことが飽きてしまったからなのかも。この波瑠の“本性”について、関係者の間では、朝ドラヒロインを務めたものの、二度に渡る早期離婚で騒動になった、遠野なぎこの“再来”とまでいわれていますよ」(同)とか。朝ドラの放送がスタートしてから、こうしたスキャンダルが頻出しなければいいものだが。
(須田恭也)

我々はいつまで色白美肌=清純に騙され続けるのか

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  15. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  16. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  17. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  18. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  19. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと