痩せながらバストアップも!? モデルが愛飲するスムージーがあるってホント?

arisa-summ.jpg

 いよいよ夏本番。みなさん準備はできてますか? だらしない体つきでは楽しみも半減というもの。しかしながら、急いでやるダイエットは体に負担をかける方法が多いですよね。そして昨今のダイエットのトレンドはただ細いだけの体つきではなく、女性らしさを残したグラマラスなスタイルを作ること。それこそ、運動や食事制限などの努力では、なかなか実現できないものですよね……。そんな悩みを抱える人にぴったりなアイテムが、最近芸能人やモデルが愛用していて話題になっているというので調査してみました!

 それがこの「ピタヤと青汁のグラマラスリム・スムージー」。“ダイエットと女性らしさを同時に実現する”というテーマで開発されたダイエットアイテムです。バストアップしながらクビレをつくる新感覚のダイエット方法が人気になっているんです。

syouhingazou-summ.jpg


 このスムージーは、ハワイで人気のデトックスフルーツ、ピタヤ(ドラゴンフルーツ)の成分をたっぷり配合。ピタヤにはむくみに有効な成分のカリウムがたっぷり含まれているんです。さらにバナナの65倍の食物繊維が含まれ、この食物繊維は水を含むと膨れるので空腹感もしっかり抑えてくれるとか。
 
 そしてアグアへというフェロモンフルーツ成分が、美バストを目指すのに強力な味方となってくれるんだとか。アグアへに含まれる植物性エストロゲンが、女性ホルモンの作用に似た作用を持ち、女性らしいスタイルを実現してくれるんだそう。ただでさえ女性ホルモンは年齢とともに減少していく成分なので、補うことはとても大事なんだとか。

 さらに、酵素を強力に含む青パパイヤが、ダイエットを強力にサポート。野菜不足を解決してくれる青汁や、今や常識となったコラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタといった美容成分、たくさんの酵素も配合されているので、健康と美容も「ピタヤと青汁のグラマラスリム・スムージー」でOKかも。ダイエットしながらキレイになれちゃうなんて、まさにおいしいとこ取りですね!

isobenao.jpg
モデルの磯部奈央

 「ピタヤと青汁のグラマラスリム・スムージー」の飲み方はとってもカンタン。水や牛乳、豆乳に混ぜて飲むだけです。朝や昼の置き換えダイエットにもぴったりですね。さらにフルーツやグラノーラを入れたら、今人気の美容フード・ピタヤボウルも楽しめちゃいます。飲みやすくておいしいのに一食あたり約30カロリーという低カロリーなんて驚きですね。

 「ピタヤと青汁のグラマラスリム・スムージー」は、トクトクコースで申し込むととってもお得。しかも今なら、トクトクコースの限定キャンペーン中なんだとか。通常5,780円のところを初回30日分が1,990円で始められるんだそう。先着順とのことなので、気になる人は急いだ方がよさそうですね!
 
 自分に自信が持てるスタイルなら、街やビーチで男性の視線を集めちゃうかも!?

ピタヤと青汁のグラマラスリム・スムージー

※当記事はPR記事です

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー