別れを切り出されたけど…別れたくない! 荒れ狂う女たちのトピ

 付き合っている彼氏から別れを告げられた時、自分も薄々そんな気持ちになっていたのであればむしろラッキーだが、こちらの気持ちはまだまだ盛り上がっているのに、という時はけっこう辛いモノがある。何としてでも別れたくないと思ったら、彼の好意を取り戻すためにあれこれ策を練ることもあるだろう。今回はそんな『別れを切り出されたけど別れたくない』女性たちのトピを紹介したい。

「旅行後別れを切り出されました」

 トピ主は2歳年上の彼氏がいる27歳女性、容姿端麗らしい。交際して1年経った頃に彼氏から「もっと頭のいい人がいい」と別れを切り出されたが、自分が変わるからと言ってつなぎ止め、1年半記念で3日間の旅行をした。挽回の最大のチャンスである。ところがこのチャンスを活かしきれなかったのか、彼氏から「やっぱり合わない」と言われてしまった。

 「日本の世界文化遺産を見に、本当はホテルの予約やスケジュールを一から考えて彼にちゃんと計画できたことをアピールしたかったのですが、難しくてツアーにしました」という書きぶりからすでに不安を覚えるが、旅行後に彼氏から「頭のいいとは知識があるとか小難しいことを言う意味で言ったんじゃない。女性としての気遣いや人としての謙虚な姿勢だ」と言われ、たくさんの欠点を指摘されたという。以下は、その際にトピ主が「メモを取った」内容だ。

●自分を大きく(頭よく)見せようとして地に足がついていない。それが滑稽だと分からない
●出会い頭でサッと道が譲れない(謙虚さの欠如)
●ホテルや観光地の人に挨拶や笑顔を返せない(他人を気遣えない)
●君は外見はとても美しいけれどご飯を不味そうに食べることやファッションに隙がなく歩きやすい靴を履いてない(最大限楽しもうという努力が見えない)

 散々である。これだけボロクソ言われているのだからもう別れた方が良いのでは、と思うがトピ主は「別れたくありません。どうすれば彼の欲求を満たせる彼女になれますか?」と無理難題をふっかけてきた。「欲求を満たせば好きになってもらえる」と考える時点で、この彼氏とは絶対合わないと思う……。

 トピ主は自分なりに努力を重ねたようで「旅行前に予備知識を調べて世界文化遺産に触れる発言をして地理とか歴史とかも彼に話して、人前でイチャイチャもせず暇時間ができてもスマホ見ず我慢して、『ちゃんと頭よくしてるよ!』をたくさん伝えたつもり」だという。う~~ん、なんだかヤバそう。トピ主のヤバさに気付いたのは筆者だけではなかったようで、案の定コメント欄は荒れ狂った。

「要するに『性格に問題あり。君の性格が好きじゃない』って事。彼の話をメモ取ったりしないと理解出来ないのですか?」

「釣り合いが取れない人にすがりついても、幸せにはなれないと思います。トピ主はトピ主の身の丈にあった方を探しては如何ですか?」

「主さんは彼に認められる事を頑張ってるみたいですが、やはり付け焼刃がバレバレですし、その小手先で誤魔化して好かれようとしてる魂胆が嫌なのですよ」

「二人の旅行が段取りできなくてツアーって。。私が彼氏でもアウトです」

 彼氏に嫌われ、小町でも批判に晒され、もし筆者がこのトピ主だったら心が折れてしまいそうだ。だがこうしたビックリトピ主の法則か、トピ主レスではさらに皆を怒らせる。

「知らない人に挨拶ってなんか恥ずかしいです。放っておいてほしくなります。自分と自分の知ってる人とその他で、生きていけるのなら。

道を譲るって???普段では電車とかで降りる人ずっと待っとけばいいですか?」

「『トピ主さんは、自分を中心に地球が廻ってる、他人があなたに対して譲ったり気遣ったりするのが当り前だと、思ってるでしょう?』はい。自分から相手にすることなんてなかったです」

 認めちゃったよ!! 確かに筆者も最初は彼氏がちょっと傲慢な印象も受けたが、ここまで読んで、彼氏よく1年半も頑張ったな……と感じてしまった。このトピ主は結婚を焦っている気持ちから、なんとしても27歳の今付き合っている現彼氏とゴールインしたい様子だが、無事に彼氏が逃げ切ってくれる事を祈りたい。

「いい子すぎて離婚したいと・・・私はどうすれば良いでしょうか」

 トピ主と夫はともに30代後半、結婚8年で5歳の子供が一人いる。社内結婚で、現在も部署は違うが同じ会社で仕事をしている。順風満帆だ。しかし先日、夫に離婚を切り出された。その理由は、

●夫婦のことを社内の誰もが知っている状態で、常に回りに監視されているようで辛い
●トピ主が「いい子」すぎて、誰もがトピ主を「いい奥さんだな。大切にしろよ」と言う。その期待に応えようとすればするほど辛い
●今、トピ主が社内で大きなプロジェクトを任されているが、それに対して応援しようという気持ちになれない。むしろ嫌だなと感じている
●トピ主を嫌いになったわけではない、でも好きとか一緒にいたいという気持ちが少しずつなくなっていった

 と、とにかく夫はもう、奥さん(トピ主)のことが嫌になってしまっている様子。「離婚するなら、子供が小学生になる前の方が良いと思った」こと、「最近は家に帰りたくなくて会社に泊まっている」ことなども告げられた。

 トピ主は夫の気持ちの変化に気付いておらずまさに青天の霹靂。夫婦の会話が少なくはなったが、お互い激務で一緒にいる時間が少ないせいだと思っていたようだ。また夫は元上司で略奪婚、これまでトピ主が家事育児をやってきたが、トピ主の昇進に伴い、夫に手伝いを頼むようになったあたりから、夫の態度が冷たくなって来たという。当然ながらトピ主は別れたくないが夫の気持ちを取り戻すためにどうしたら良いか、という相談だ。

 子供がいるにもかかわらず、どちらかが不倫した訳でもなく、離婚を切り出すというのは余程のことであろう。だが、ここは小町であるから、そうは言っても不倫を疑う声が多いのでは……と思っていたら、予想は裏切られ、実に様々な意見が寄せられた。

「主さんへの嫉妬でしょう。特に職場での評価を得ている主さんと、そこそこの自分で負けた気がしている。自分より下の立場で居た時は可愛く思えたが今はもう思えない。という分かり易い感じだと思います。また主さんからの猛プッシュでの交際、結婚という部分もここへ来て響いている気がしますね」

「無意識のうちに、『私は家事も子育ても完璧で、仕事までしている』感が出ていたのではありませんか? 見聞きするだけの第三者は非の打ちどころのない妻と評価するでしょう。ご主人の息苦しさはそのあたりから出ているのでは?」

「妻は夫の評価証明、夫は妻の評価証明です。子供は親の成績証明だと思います。妻を誹れば、即ち己を卑下しているのだと、気付かない不明の夫です。男として家庭を持ち、子を成したれば、何事が有っても死守する覚悟が男気です」

「ご主人、前の彼女さんに心を残しつつ、あなたの押しの強さに負けて結婚してしまったのでは? 完全にあなたに心があって結婚したわけではないのかもしれませんね。だから、あなたに許容できない部分が多くなって、もう一緒にいられないとなったのではないでしょうか」

 なんか……すごい! 今回のコメントはむちゃくちゃ勉強になった。小町の分析力の鋭さを思い知る瞬間である。また夫の“男としてのプライド”を守るため、トピ主が仕事を辞め専業主婦になることをすすめるコメントもかなりあった。トピ主レスではこうしたコメントを受け、育児も家事もすべて自分がやったほうが早いからという理由で動いていた事を明かし「無意識に、主人の家庭での居場所を奪っていたのかも」と思い返す。

 その後トピ主は夫と話し合いをしたが、もうすでに夫の気持ちは固まっており、離婚後は子供を引き取り、実家に戻って別の仕事をするつもりである、と告げられた。それでも食い下がるトピ主は、夫婦関係の再構築のため仕事を辞める決心をしたという。「最後くらいは主人の気持ちに寄り添い、話し合いたい」とあるが、会社を辞める理由のひとつとして「フリーランスになった方が収入が上がる仕事です」など余計な一文を書いている。なんとなくトピ主は、自分がデキる女であることを意識的にか無意識的にかは分からないがついついアピールしてしまう傾向にあるように感じた。フリーランスになったからといって、夫とうまくいくものだろうか? また、子供の養育に関してはトピ主も夫に譲る気がないようなので、この夫婦、どうしても離婚するとなったら親権をめぐって大騒動になりそうである。

「彼氏に振られるのが怖いです」

 トピ主は付き合って半年の彼氏から最近「私の空気の読めない発言に対する不快感を示され」るようになった。自分で思っていることと違うように彼氏に受け取られてしまい、戸惑っている気持ちもあるという。「困るのは自分で意識してしていることではないので改善の仕方がわからないことと、その為いつどこで地雷を踏むかがわからなくて彼氏と話をする時にだんだん萎縮するようになってしまっていることです」と、トピ主を辛い思いをしているようだ。

 「普段は優しい彼氏ですが、この点に関してはどこまで我慢できるかわからないと言われてしまい、また最近続けて呆れられるようなことをしてしまって、いつ別れ話をされるかと不安でいっぱい」にもなっている。これからも仲良くしていくにはどうしたらよいか、という相談だ。

 しかし、トピ文には「今まで付き合った人や友達など周りの人に同じようなことを指摘されたことはなく」とあり、うっすら、彼氏側の問題である可能性も拭いきれない。やはりそう感じた人が多かったのか、「モラハラ全開な彼氏ですね」「もっとコミュニケーションがスムーズにできる男性も他にいると思いますよ」「文だけで判断したら『別れなさい』です」と次に行け系のコメントが並ぶ。また、具体例が分からない、というコメントもあったためか、トピ主レスではいくつかのエピソードを明かされた。

●自分では普通の感覚で、彼の知らない言葉や漢字を使ってしまう。→難しい言葉なつもりはないが偉そうに感じられたり、プライドが傷つく?
●私が知っていて彼が知らなかった商品について、後日その商品が載っている記事を紹介した。→ほらこんなに有名なのに、と言われたように感じたそう。
●彼が見た綺麗な風景の話をしていた時に、私も似たような綺麗な風景をみた経験があったのでその話をした。→被せたつもりはなく、似たような経験で気持ちがわかるので嬉しくて話してしまったが彼は私の経験の方が上のように感じ、敵わないと思い面白くなかったそう。

 別れたくない! と相談を寄せるトピ主には独特の癖があることが多いので、トピ文を警戒して読んでいたが、なんかこれって彼氏の方がちょっと変なんじゃない……? と思える内容だ。最後のトピ主レスでは「何だか悩み過ぎて、彼のこと考えるのが嫌になってきました。語彙を多くするというか、なるべく誰もが知っているような単語だけで表現するようにとは心がけてみています」って書いてあるけど、さすがにコレ別れて次探しなよと言いたくなる。というかこの彼氏、たぶんバカである。

 眺めていると、彼氏や夫が好きで好きで「運命の人だ」と思い込んでいるがゆえの「別れたくない!」よりも、結婚へのこだわりや、仕事をバリバリやりながら子育てもする自分というものに対するこだわりが透けて見えてもくる。シンプルにその相手だけみれば、意外と、そこまで固執する相手ではないのかも?

■ブログウォッチャー京子/ 1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク