【うわさの会見場から】

「騙して会見に呼ぶなんて」ナオト・インティライミ、“息子誕生”黙秘に報道陣ブーイング

2015naotoin.jpg
『THE BEST!』/Universal Music

 歌手のナオト・インティライミが9日、東京都内で行われた「日本フェアプレイ大賞2015」募集開始の記者発表会に出席した。日本体育協会主催による“フェアプレイ”の浸透を目指すキャンペーンのPRを担ったナオトだが、会見では「ファウルプレーを働いた」(スポーツ紙記者)と話題になっていたという。

 ナオトといえば2日付「日刊スポーツ」で、第3子の男の子が6月上旬に誕生したと報じられたばかり。その後、本人からこの話題に関するコメントはなかったが、当初マスコミ各社に送られた取材案内リリースには、記者らが自由にナオトに質問できる「囲み会見」を設けると記載されていたため、このイベントで喜びの報告が聞けるものだと思われていたのだが……。

「会見直前になって、会見を取り仕切るPR会社から、各社へ『囲み会見はなくなった』と連絡が入りました。その代わりに、事前にチェックを受けた質問内容を、代表者1名が質問する『代表質問』を行うとの説明でした。根掘り葉掘り聞かれるのはイヤだから代表質問形式にしたのか、と思っていたのですが、いざ現場に着いてみると『代表質問も中止です』とアナウンスがされました」(同)

 アーティストの場合、プライベートについては語りたがらないケースも多い。しかし、「なんでも質問を受けると、マスコミを騙して会見に呼ぼうとする手法はいかがなものか。会見場でも、記者から疑問の声が上がっていた」(同)という。

「ナオトは13年に『週刊女性』(主婦と生活社)で報じられるまで、妻子持ちであることをまったく公にしていませんでした。今回の件に関しても、頑なに触れようとせず、どうも不自然すぎるように感じます。Twitterでも、ファンからの祝福コメントを完全スルーしていますし、現場では『まるで悪いことをしたかのように逃げ回っていて、これじゃあ奥さんがかわいそう』という声が聞かれたとか。ナオトはマスコミ嫌いで知られるプロダクション『烏龍舎』系列の事務所に所属。こうした対応には、事務所の意向が反映されているのかもしれませんね」(同)

 会見では「フェアプレイをすることで、それぞれの人生が幸せに近づくと思います」と語っていたナオトだが、プライベートを守ることに関しては、ファウルプレーも辞さないスタンスのようだ。

コンサート名に「4万人でオマットゥリ」とつける男・インティライミ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!