NEWS・手越祐也はなぜモテる? 奔放すぎるアイドルの“人間力”を検証

20150709-tegonyannyan.jpg

NEWS・手越祐也

【リアルサウンドより】

 “インド”をテーマにした異色のアイドルソング『チュムチュム』が、7月6日付のオリコンシングル週間ランキングで1位になるなど、グループとしての勢いが増しているNEWS。(参考:NEWS、“攻め”の新シングルでチャート1位に その驚きの音楽的仕掛けとは?) なかでも最近、芸能界において大きな存在感を放っているのは、グループの中核を担うメンバーである手越祐也だろう。

 手越といえば、同じグループ内の増田貴久とともにボーカルユニット・テゴマスとしても活躍するなど、ジャニーズ内でトップレベルの歌唱力を持つことで知られるほか、レギュラー出演している『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)では身体を張った企画に挑戦し、タレントとしても人気を博している。一方、これまで、数多くの女性タレントの交際情報が報じられてきたが、そのことでタレント活動に大きな支障をきたすでもなく、今なおファンの支持は高いままだ。いったいなぜ、手越の人気は衰えないのか、ジャニーズの動向に詳しい芸能ライターの佐藤結衣氏に聞いた。

「手越さんは世間的には“王子様キャラ”で知られていますが、多くのファンはひとりのアーティストとしてリスペクトしている部分が大きいと思います。ジャニーズではダンスレッスンはしっかりと受けられるものの、それ以外の芸については、それぞれのタレントが独学で学ぶ方針で、彼もまた自らボイストレーニングを受けて、現在の歌唱力を身につけたことが知られています。そしてその歌唱力はテゴマスという本格派のボーカルユニットで開花し、次々とメンバーが脱退して揺れ動いていた時期のNEWSの人気を支えました。また『世界の果てまでイッテQ!』では持ち前のバイタリティーを発揮し、現役のジャニーズアイドルでありながら身体を張った企画にも全力でぶつかるなど、その男気を示してきました。また、フットサルの腕前はプロ並みとの声もあるほど巧く、そのために徹底して身体作りをするなど、ストイックさも持ち合わせています。ファンたちは彼のそういう一面をよく知っているからこそ、心が離れないのでしょう」

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  8. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  15. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  16. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  19. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  20. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに