【うわさの会見場から】

速水もこみち、イベントにマダム集結も“下ネタ”でスベり「笑うところなんですけど」!

hayamimokomichi.jpg
オリーブオイルに左右された人生

 速水もこみちが開発に携わった3種類のふりかけを混ぜて味を楽しむ「日本橋もこみち1883“まぜふり”」商品発表会が7日、日本橋三越本店で行われた。イケメン俳優&料理タレントとしてキャリアを積み重ねてきた速水だが、この日集まった客層を見た報道陣の間では「速水はオリーブオイル路線で花開いた」とささやかれていたという。

 速水は2002年に俳優デビューすると、その甘いルックスから、さまざまなドラマに引っ張りだことなった。06年には『ラフ ROUGH』で長澤まさみと共に映画初主演を果たし、「第30回日本アカデミー賞新人俳優賞」に輝くなど、イケメン俳優の代名詞的な存在として2000年代を駆け抜けた。

 そんな速水の転機は、11年4月からスタートした『ZIP!』(日本テレビ系)の料理コーナー「MOCO’Sキッチン」への出演。天高くからオリーブオイルを鍋に注ぎ入れるなど、オーバーアクション気味の調理で人気が爆発、“料理タレント”として広く主婦層にも存在を知られるように。近年はレシピ本やプロデュース商品の発売と、役者よりも料理のイメージが強くなっている。

「この日は、先着50名限定の握手会が催され、また、日本橋三越内の無料のオープンスペースで開かれるということもあって、観客が大挙していたのですが、そのほとんどは主婦層でした。特に警備などをつけてなかったこともあり、写メを撮ろうとするマダムが続出で、必死に制止しようとする係員に速水も苦笑いでした」(ワイドショースタッフ)

 そんな主婦に大人気の速水だが、どこか観客とかみ合わない空気を醸し出していたようだ。

「久々のイベントのためか、トークには特にキレがなく、速水がふりかけを混ぜ合わせながら『女性ならボーイフレンド、男性ならガールフレンドみたいに優しく混ぜて』と、少しエロティックなコメントをしたものの完全にスベってしまい、『笑うところなんですけど』と無理やり笑いを強要していました」(同)

 得意の料理により、見事転身を果たした速水。今後は主婦層のファンをより楽しませるべく、パフォーマンスだけでなくトークも磨き直すことが、芸能界での生き残りの課題となりそうだ。

代表作は、オリーブオイルともっこりもこみち

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  12. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  19. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム