【うわさの会見場から】

速水もこみち、イベントにマダム集結も“下ネタ”でスベり「笑うところなんですけど」!

hayamimokomichi.jpg
オリーブオイルに左右された人生

 速水もこみちが開発に携わった3種類のふりかけを混ぜて味を楽しむ「日本橋もこみち1883“まぜふり”」商品発表会が7日、日本橋三越本店で行われた。イケメン俳優&料理タレントとしてキャリアを積み重ねてきた速水だが、この日集まった客層を見た報道陣の間では「速水はオリーブオイル路線で花開いた」とささやかれていたという。

 速水は2002年に俳優デビューすると、その甘いルックスから、さまざまなドラマに引っ張りだことなった。06年には『ラフ ROUGH』で長澤まさみと共に映画初主演を果たし、「第30回日本アカデミー賞新人俳優賞」に輝くなど、イケメン俳優の代名詞的な存在として2000年代を駆け抜けた。

 そんな速水の転機は、11年4月からスタートした『ZIP!』(日本テレビ系)の料理コーナー「MOCO’Sキッチン」への出演。天高くからオリーブオイルを鍋に注ぎ入れるなど、オーバーアクション気味の調理で人気が爆発、“料理タレント”として広く主婦層にも存在を知られるように。近年はレシピ本やプロデュース商品の発売と、役者よりも料理のイメージが強くなっている。

「この日は、先着50名限定の握手会が催され、また、日本橋三越内の無料のオープンスペースで開かれるということもあって、観客が大挙していたのですが、そのほとんどは主婦層でした。特に警備などをつけてなかったこともあり、写メを撮ろうとするマダムが続出で、必死に制止しようとする係員に速水も苦笑いでした」(ワイドショースタッフ)

 そんな主婦に大人気の速水だが、どこか観客とかみ合わない空気を醸し出していたようだ。

「久々のイベントのためか、トークには特にキレがなく、速水がふりかけを混ぜ合わせながら『女性ならボーイフレンド、男性ならガールフレンドみたいに優しく混ぜて』と、少しエロティックなコメントをしたものの完全にスベってしまい、『笑うところなんですけど』と無理やり笑いを強要していました」(同)

 得意の料理により、見事転身を果たした速水。今後は主婦層のファンをより楽しませるべく、パフォーマンスだけでなくトークも磨き直すことが、芸能界での生き残りの課題となりそうだ。

代表作は、オリーブオイルともっこりもこみち

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!