好きな人に振り向いてもらえたことがなく、彼氏とも長続きしません。

●こんぶ(29)

はじめましてKENJIさん。私は好きな人に振り向いてもらえたことがありません。付き合う人はいつも相手から告白されて付き合ってきました。でもそういう人とは結局長続きせず、「次は必ず好きな人と付き合おう!」と決めて早2年……いまだに彼氏はいません。好きな人に好きになってもらえたことがないため、もし気になる人ができたとしても自分に自信が持てず、上手くアプローチができません。今後ひとりで生きていくにしても、自信がほしいです。自分に自信を持つにはどうしたら良いのでしょうか??

―――

こんぶさん
ごきげんよう。汚(お)ブス研究家のKENJIよ。

あ〜ら。もし、アタシが今のアナタだったら……
人生につまらなさを感じてしまうわ~。

チャンスは皆平等よ。
ただし、チャンスを掴む権利が与えられるのは「動いている人」だけ。
悩んでないでとりあえず行動してみなさいよ!
って言いたいところだけど、自信なさ子さんたちからしてみれば「そんなのずるい!!」って不平等暴動が起るかもしれないわね。
アノ人でさえ自分に自信満々なのに、もったいないわよ~。

ヒゲ子ママ あら呼んだ~? でもさ~、突然「自信を持ちなさい」なんて言われても持ったことがない人にとっては、どうやって持てばいいのかわからないわよ~。そんな簡単なことじゃないの!!

KENJI (呼んではないけど)そうなのよね。それにしても、ママの自信はどっから来ているの? アタシがそんなに体中ムダ毛だらけだったら、恥ずかしくて人様の前なんて出てこないわよ。

ヒゲ子ママ 呼ばれてもないのに来ちゃうしね! ってうるさいわよ!!!! まあ、かつてのアタシだったら出てこなかったけど、とっくに開き直ってるわ~。心も毛穴もご開帳~♪ って感じかしら☆ だって、こんな毛むくじゃらでもmessyにはアタシへの“おかわりラブコール”が聞こえてくるのよ♪

KENJI 体毛には賛成できないけど、開き直るくらいが調度良いのよね~。

ヒゲ子ママ でもさ、気づいちゃったんだけど、こんぶって……もしかして中身からっぽなんじゃない? 外見ばっか着飾ってんじゃないわよ!! このブス!!

KENJI 口が悪過ぎる……。ちょっと!! ここの読者は、2丁目の愛毒舌(ノリ)が伝わらない真面目な方が多いんだから気をつけて! そろそろお店に帰ってちょうだい!

さてと。茶番はここまでよ!!
こんぶさん、覚悟はいいかしら。
KENJI美ンタよ!! ビターーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!!!!
「過去の失敗を忘れなさい」

自分に自信のない人って「過去の失敗」を分析しすぎなのよ。
そんな頭の中だけで分析し続けたって、堂々巡りするだけではないかしら。

好きな人には好かれなくても、アナタのことが好きな人とお付き合いしてきたんでしょ?
なのに「自分に自信がない」って……
そして、すぐ別れちゃう……
アナタ、元彼たちをバカにしすぎなのよ!!!!
もっと「好きな人に振り向いてもらえないこと」「彼氏とすぐに別れちゃうこと」などのマイナス面よりも、「告白してもらってお付き合いできたこと」「誰かに好きになってもらえた自分」を評価しなさいよ!

あと、自信が持てない人を見てると、勝手に他人と比較して落ち込んでるのよね。
「どうせ私はあの子よりも太ってるから……」
「あの人のほうが可愛いから、私なんて……」
とかね。
こういうことを繰り返してると、今の自分が嫌になってしまうことってないかしら。
その気持ちがプラスに働けば良いんだけど、周りから取り残されたような、敗北感に浸ってしまうようではダメ。

まずは、少しずつで良いから自分を好きになることから始めなさい。
ナルシストになれってことじゃないわよ!!

そんなアナタには、これよ!
KENJI美タミン注入〜!!
「結局は、自分を知ることで相手がわかるの」

アナタは「自分に似合う物」と「選ぶ物」が一致しているのかしら?
ファッション雑誌を買い漁って、流行にとらわれてしまい、結局おてもやんになってしまっては台なしよ。
自分の肌の色や体型にはどんなモノを身につければ似合うのか。
ひとつひとつ知ることが、自分に自信を付ける第一歩ではないかしら。

くれぐれも、お化粧や衣装に気を取られすぎてはダメよ。
一髪二化粧三衣装!
ということわざがあるように、女性にとっての髪はとっても大切なの。
そうやって自分を理解していくうちに、アナタの内面も変わっていくと思うのよ。

結局は、自分と相手への“優しさと勇気”がアナタを救うエッセンスかもしれないわ。
自分を好きになりなさいね。

KENJI拝

■KENJI(汚ブス研究家)/女子会に年間400回以上呼ばれる社長。その経験から、「思いやりのない人」、「ブスッとした表情の人」、「隙だらけの人」を“汚ブス”と称し、年間2,000人以上の女子たちを切る「汚ブス研究家」としての顔も。2014年には、「女子会のお作法 「汚ブス」にならないための39か条」を出版。ほかにも、そのニューカマーなおネエキャラで、テレビ、ラジオ、雑誌、Webなどで活躍中。現在、FBS福岡放送「クロ女子白書」にレギュラー出演中。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  9. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  13. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー